フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夕立や草葉を摑む群雀 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 耳嚢 巻之七 諸物傳術の事 »

2013/11/18

紙燭して廊下通るや五月雨 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

   紙燭して廊下通るや五月雨(さつきあめ)

 

 降り續く梅雨季節。空氣は陰濕にカビ臭く、室内は晝でも薄暗くたそがれて居る。その爲紙燭を持つて、晝間廊下を通つたといふのである。日本の夏に特有な、梅雨時の暗い天氣と、疊の上にカビが生えるやうな、じめじめした濕氣と、さうした季節に、さうした薄暗い家の中で、陰影深く生活して居る人間の心境とが、句の表象する言葉の外周に書きこまれて居る。僕らの日本人は、かうした句から直ちに日本の家を聯想し、中廊下の薄暗い冷たさや、梅雨に濕つた紙の障子や、便所の靑くさい臭ひや、一體に梅雨時のカビ臭く、内部の暗く陰影にみちた家をイメーヂすることから、必然にまたさうした家の中の生活を聯想し、自然と人生の聯結する或るポイントに、特殊な意味深い詩趣を感ずるのである。しかし夏の濕氣がなく、家屋の構造がちがつてる外國人にとつて、かうした俳句は全然無意味以上であり、何の爲に、どうしてどこに「詩」があるのか、それさへ理解できないであらう。日本の茶道の基本趣味や、芭蕉俳句の所謂風流やが、すべて苔やさびやの風情を愛し、濕氣によつて生ずる特殊な雅趣を、生活の中にまで浸潤させて藝術して居るのは、人のよく知る通りであるけれども、一般に日本人の文學や情操で、多少とも濕氣の影響を受けてないものは殆んどない。(すべての日本的な物は梅雨(つゆ)臭いのである)特に就中、自然と人生を一元的に見て、季節を詩の主題とする俳句の如き文學では、この影響が著しい。日本の氣候の特殊な觸感を考へないで、俳句の趣味を理解することは不可能である。かの濕氣が全くなく、常に明るく乾燥した空氣の中で、石と金屬とで出來た家に住んでる西洋人らに、日本の俳句が理解されないのは當然であり、氣象學的にも決定された宿命である。

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「夏の部」より。太字「さび」は底本では傍点「ヽ」。「中廊下」は「なからうか(なかろうか)」と読み、屋敷や御殿内の両側に部屋や住居が並んだ廊下。]



以上を以って本ブログ・カテゴリでの「郷愁の詩人與謝蕪村」の春夏秋冬の部の句評釈を総て公開した(一部、抜けているように思われる箇所はずっと以前に公開しているので、遡ってご覧戴きたい)。

« 夕立や草葉を摑む群雀 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 耳嚢 巻之七 諸物傳術の事 »