フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« うは風に音なき麥を枕もと 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 耳嚢 巻之七 大盜人にともなひ歩行し者の事 »

2013/11/05

中島敦 南洋日記 十月六日(月)

        十月六日(月) 曇、雨 夏島

 朝五時過トラック入港、六時過上陸、支廳宛に本廳より電報あり、豫定變更差支なしと。宿舍たる借上官舍に入る、ボロ家なり、椅子破れ、床はプカプカ。食事は、向ひのトラック旅館にて賴ることとなり。る。細雨、終日霏々。アンモニア臭きカステラ(?)芋あんの饅頭を食ふ。ハッパの響。サイド・カア、トラックの音。頗る騷々しき島なり。

 たかへの手紙の投函を藤卷訓導に託す。

[やぶちゃん注:以下、本文末のそれと判断される同日附中島たか宛書簡を示す。

   *

〇十月六日附(消印京橋一六・一〇・一五。トラックにて。東京市世田谷区世田谷一ノ一二四 中島たか宛。封書。旧全集「書簡Ⅰ」書簡番号一三三)

 十月六日。朝五時トラック入港、今日だけは船も五時朝飯。上陸して支廳に行き、それから、あてがはれた宿舍に落着く。恐ろしくボロな家だ。床(ゆか)がプカプカして、拔けさうだ。

 今日は曇、時々雨。一日休息。何しろ、トラック諸島に一ケ月つひやす積りだから、此處だけは、ユツクリできる。

  ◎をかしな話をしようか。

 ゆふベネ、(といふより今朝がただが)ヘンな夢を見たんだよ。お前と話をしてるんだが、妙なことを話してるんだ。「もうウチもタケシ一人になつちまつたから、せめてタケシだけでも大事に育てませう」なんて言つてるんだよ。格がゐないことになつてるんだ。そんな筈はないと思ひながら、それでも、そんな話をしてるうちに目が覺めたんだが、あとで考へて、とてもイヤな氣持がして仕方がなかつたんだ、すると今朝船を下りようとする時、して、最後に水を一杯飮んでるとネ、同室の客の一人が、「別れの水盃か」、とか何とか言ひながら、自分も一緒に水を飮み出したんだ。又イヤな氣持になつてるとね、丁度、船迄僕を出迎へに來た役所の若い人が、「役所氣付で貴方の所に電報が參つてをります」と言ふ。「本廳からでせう?」と聞くと、「イヤ、内地からのやうです」といふぢやないか。僕は、もうスツカリ驚いちまつた。夢なんか氣にする僕ぢやないことはお前も知つてる筈だが、それでも、今朝ばかりは、全く、ドキツとしたね。さあ、それから、船を下り、ランチにのつて、岸につき、自動車で役所へ着く迄の間が大變さ、格に萬一のことのあつた場合を豫想して氣が氣ぢやない。とにかく内地から電報が來てるといへば、たゞごとぢやないに決つてるからね。役所へ着いて、眞先に電報を披(ヒラ)いて見ると、ナアニ、役所南洋廳からの、今後の行動を指令した電報さ。内地からの電報といふのは、中島なんとか、いふ別の人あてに來たものだつたんだ。ヤレヤレ、ホツと胸をなでおろしたよ。

 あんまりノチヤ助のことばかり心配してるもんだから、ヘンな夢を見るんだな。

 ◎今月から飛行機は横濱・―→サイパン―→パラオといふ道順をかへて、横濱―→サイパン―→トラック―→パラオと寄り路をすることになつた。トラックは大變飛行機の便が良くなつた。一月に四囘内地との間に往復がある筈。僕は十月一杯、(十一月四五日頃迄)トラックにゐるから、飛行便で、「南洋群島トラック島、トラック支廳氣付、中島敦宛で手紙を呉れないか。

 

 ここは、本當は、トラック島夏島なんだ。

 

 宿舍だけは、空(あ)いた官舍(こんな家でも官舍なんだぜ)を使つて、食事は、すぐ向ひの旅館のを喰べるんだ。今から晝食をたべに行く。ここのオヒルは十一時。(ヤルートは十時だつたが)

   *

夢に翻弄された話が、南洋の蒸し暑さの眩暈のように如何にもリアルに伝わってくる。]

« うは風に音なき麥を枕もと 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 耳嚢 巻之七 大盜人にともなひ歩行し者の事 »