フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 大盜人にともなひ歩行し者の事 | トップページ | 鬼城句集 秋之部 鷄頭 »

2013/11/05

岩本楼(モースが江の島滞在中に描いた一室とほぼ同位置と思われる現在解体中の部分)

「日本その日その日」の叙述から僕が推定する岩本楼のモースが描いた一室とほぼ同位置と思われる現存する建物箇所を今日、岩本楼に行った(義父と父との久方振りの再会を同旅館に今夜セットして僕は帰った)際に撮影した。これも近々解体されそうな雰囲気であった。下の写真の奥の部分は何かそれらしい昔の面影を幽かに残しているように思われた。
Iwamotorou2


Iwamotorou1


なお、江の島臨界実験所を同定出来る巨大な絵図を同旅館内の記念室で現認出来たが、残念ながら撮影は禁止であった。文化三(1806)年のそれ(磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」に載る絵図)には同実験所の位置には「長松」と思しい名が記されてあるのは現認出来た。

【2013年11月16日追記】今朝、義父らを迎えに行った際に旅館の方伺ったところ、モース自身の部屋は写真下の奥に少し見える新しい建物の、二階部分(現在の岩本楼記念室の二階部分)に相当するとのお話であった。僕の義父と父が泊まった部屋(昨日、僕も暫くいた海に開いた見晴らしの良い部屋)はまさにその位置から北寄りの3階の部屋であったから、モースが眺望した景色とほぼ同じ景を僕は昨日見ることが出来たことが分かった。以上から、昨日の文の表現の一部を訂正した。

« 耳嚢 巻之七 大盜人にともなひ歩行し者の事 | トップページ | 鬼城句集 秋之部 鷄頭 »