フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鬼城句集 秋之部 葉鷄頭 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 2 斬首刑 / 日本刀の目利き »

2013/11/26

中島敦 南洋日記 十月二十日

        十月二十日(月)

 昨夜、夜半より下痢、微かに惡感あり、ビオフェルミンと、クレオソート服用、朝來、依然微熱。キニーネ服用。懷爐を用ふ。終日、熱去らず。

◎先日所見の黄色塗料タイク(テイク)に就いて――原料は姜黄(Curcuma longa)の根。土語にてラン(黄の意)と呼ぶ。之を珊瑚岩で擦り下し、篩にかけ、一晝夜水に浸して沈澱した粉を椰子殼の型に移して乾し固め、バナナの葉を割いて之を卷き、佛桑華の葉に包む。使用に際しては椰子油に和すと。上等品は赤味を帶ぶ、之を塗るは、裝飾の外に、蚊、蠅を拂ふ效ありといふ。

◎トラックの踊について、

 パンの實の熟する季節に酋長が、神(アヌ)の告によつて主催するを、パリク(新果祭) といふ。この時頗る大規模の踊の會る。り。グルグル踊は棍棒(グルグル)を持つ男の踊。アウアヌ踊は性的なる尻振ダンス、エペゲクは男のみの立踊。

◎先日聞きし土民歌謠の一曲の譜、ミクロネシア民族誌に錄されてあり、次の如し。

[やぶちゃん注:「姜黄(Curcuma longa)」この学名は単子葉植物綱ショウガ目ショウガ科ウコン Curcuma longa 、アキウコン(秋鬱金)、カレーでお馴染みのターメリックを指すが、「姜黄」(キョウオウ)と言った場合は漢方生薬を指、厳密には同属のハルウコン(春鬱金)Curcuma aromatic の根を指す。前者はオレンジ色を呈するのに対し、後者は黄色であるから、ここで敦の言っているものは記載された「(Curcuma longa)」ではなく、後者のハルウコン(春鬱金)Curcuma aromatic と考えた方が自然であるように思われる。但し、Suyap 氏のブログ「ミクロネシアの小さな島・ヤップより」の「第三回ヤップ・カヌー・フェスティバル(3日目)陸上編」には、『ターメリックの根は装身用(うこん)として、あるいは薬用や食用(春うこん)として、太平洋の島々の暮らしには今でも欠かせないアイテムだ』と混在併記されており、そこではウコン Curcuma longa を装身用、ハルウコン(春鬱金)Curcuma aromatic を食用としてある識者の御判断を俟つ。

「佛桑華」既注済み。ブッソウゲ Hibiscus rosa-sinensis はハイビスカス。

「ミクロネシア民族誌」既注済み。十月十八日の注を参照。]

Gakuhu


« 鬼城句集 秋之部 葉鷄頭 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 2 斬首刑 / 日本刀の目利き »