フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(31) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(33) »

2013/12/25

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(32)

  雪後遊畫島   安脩

鼈頭山現畫圖中。

萬仭驚看天造工。

雪滿懸崖埀玉樹。

雲晴斜日財瑤宮。

凌波神女羅裙冷。

賀鶴仙人素影空。

借問秦年汎楂客。

寧知此地十洲通。

 

[やぶちゃん注:底本には作者名はない。補った。前の七言絶句に続く、雪後の彼の七言律詩。

 

  雪後、畫(ゑ)の島に遊ぶ   安脩

鼈頭の山 現はれり 畫圖の中(うち)

萬仭 驚き看る 天造の工

雪 懸崖に滿ちて 玉樹に埀り

雲 晴れ 斜めに日さして 瑤宮を財(たから)となす

凌波の神女 羅裙(らくん) 冷たく

賀鶴の仙人 素影(そえい) 空(むな)し

借りに問ふ 秦年(しんねん) 楂(いかだ)を汎(うか)べし客(かく)

寧ろ知る 此の地 十洲に通ずるを

 

「凌波」波に載ってそれを自在に操るの謂いか。

「羅裙」薄物の裳(も)。

「賀鶴」めでたき鶴といった美称か。

「素影」月の光。

「秦年」秦の頃の謂いか。

「楂を汎べし客」前の注が正しいとすれば、これは全くの直感に過ぎないが、これは秦の始皇帝に東方の三神山(仙山である蓬莱・方丈・瀛州(えいしゅう)を指す)に長生不老(不老不死)の霊薬があると具申し、始皇帝の命を受けて三千人の童男童女と百工を従え、五穀の種を持って東方に船出して、平原広沢の地を得、そこの王となって戻らなかったという方士徐福のことではあるまいか?]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(31) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(33) »