フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(27) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(29) »

2013/12/25

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(28)

  舟泊繪島   平賀周藏〔字子英〕
淡靄輕煙路渺漫。
海風不便上潮難。
平沙維艇收漁網。
斷岸燃燈下釣竿。
虛郭三聲暮笛響。
孤蓬一夜疎鐘寒。
榜人鳴櫂天將曙。
唯有還家片夢殘。

[やぶちゃん注:平賀周蔵(延享二(一七四五)年~享和四・文化元(一八〇四)年)は江戸中後期の広島出身の漢詩人。号は蕉斎・白山園・独醒庵・白山。著書に「独醒庵集」「白山集」「蕉斎筆録」。

  舟にて繪の島に泊る   平賀周藏〔字は子英。〕
淡靄(たんあい) 輕煙 路(みち) 渺漫(べうまん)
海風 便(びん)なく 潮を上ぐることも難し
平沙 艇を維(つな)ぎて 漁網を收め
斷岸 燈を燃して 釣竿(てうかん)を下(おろ)す
虛郭 三聲 暮笛 響き
孤蓬 一夜 疎鐘(そしよう) 寒(さび)し
榜人(ばうじん) 櫂を鳴らし 天は將に曙(あけぼの)とならんとするに
唯だ 還家片夢の殘のみ有り

「渺漫」渺渺や渺茫と同じい。果てしなく広がっているさま。
「榜人」この「榜」は舵や櫂を指し、船頭、舟人のこと。
「還家片夢」望郷の念を宿した儚い夢を言うか。]



うっかりしてアップするのを落した一篇があったので挿入する。これは本来ならば、『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩の、

(23)と(24)の間にあるべき詩

である。ここに挿入して訂正する。

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(27) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(29) »