フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 院宣 付 推松使節 竝 二位禪尼評定 承久の乱【十二】――幕臣軍議の最中の尼将軍政子渾身の演説に幕臣悉く袖を絞って忠誠を誓う | トップページ | 鬼城句集 冬之部 北風 »

2013/12/25

ヒッキリッコ

 夏近くなると、ほこりのまみれた道ばたのオオバコは、花茎がぐんぐんのびて細長い小さな白い花を密集して咲かせます。それがネズミの尾のように風にゆらいで見えるので、子どもたちはこの花茎を引き抜くと。「ネズミだぞ!」などと、いいながら、チュウチュウと友だちの衿くびや頰を撫でて、いたずらをしました。そんなとき、きっとだれかがヒッキリッコしよう! といいだすと、どの子もどの子も花茎を両手一パイに引き抜いてきて、木陰の道ばたで遊びはじめます。ヒッキリッコとは子どもたちがお互いに花茎をU字型に曲げて、相手のU字型に引っかけて引き合いごっこする遊びです。そしてどちらかが切れると負になりますが、この勝負(かちまけ)をきめることが相撲をとるようだから、オオバコをスモートリグサ(千葉県、静岡県、奈良県、新潟県、長崎県)、スモートリバナ(長崎県)またはトリコパコ(秋田)、ビッキリコー(長野)などと遊び名がそのまま草の名になっているところもあります。また変わったところでは、ひっぱるというよりも左右交互に手を引きあい、ズイコン、ズイコンといいながら遊ぶところが長野県にあります。福島県の檜枝岐(ひのえまた)では同じ遊びをズイコ、メーコ、ズイコ、メーコといいますが、山形県庄内ではズッコン、メッコンと少し変わります。どちらの遊びも遊び言葉も、木樵(きこり)が鋸(のこぎり)で丸太を挽くところを連想したもので、とくにオオバコの花茎の莟(つぼみ)がパラパラと落ちるところは、鋸屑(おがくず)と同じように見えるので、遊びをますます面白くしました。ところが同じ遊びでも土地が変わると遊びの連想も異なるもので、長野県では、

  イスス(石臼(いしうす))ゴーゴー金(かね)ゴーゴー

とうたいながら交互に引きあって遊びます。イススとは粉を挽く石臼のことで、父母親たち二人が石臼に繩をかけて、左右に繩を交互に引いて臼が半回転してはもどり、粉を挽く有様に良く似ているからです。新潟県の六日町ではこの遊び唄に、

  臼ひきザンゴー 米かみザンゴー
    山に米がたくさんで
  となりの爺さまみな嚙(か)んだ
    ザンゴー ザンゴー

と子どもたち二人が向かいあい、この唄をうたいながらどちらの花茎が早くすり切れるか、遊びをしました。
(中田幸平「野の民俗―草と子どもたち―」社会思想社現代教養文庫998・1980年刊)

« 北條九代記 院宣 付 推松使節 竝 二位禪尼評定 承久の乱【十二】――幕臣軍議の最中の尼将軍政子渾身の演説に幕臣悉く袖を絞って忠誠を誓う | トップページ | 鬼城句集 冬之部 北風 »