フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 院宣 付 推松使節 竝 二位禪尼評定 承久の乱【十一】――三浦義村、院方の弟胤義の同盟を慫慂する私信を拒絶し、北条義時に報告、義時、院宣使推松を探索の上、捕縛す | トップページ | 大槻文彦「言海」の「猫」の項 + 芥川龍之介の同項を批評したアフォリズム「猫」 »

2013/12/22

耳嚢 巻之八 一刀齋知見の事

 一刀齋知見の事

 

 一刀齋右流儀の始祖にて、諸國を遍歷して修行なし其名宇内に隱れなく、公儀にても入御聽に(おききにいり)可被召出(めしいださるべき)の御沙汰なりしが、未(いまだ)近國の殘りも有、志願不遂(とげざる)故恩免(おんめん)を願ひ、弟子の内(うち)神子典膳其術我におとらじ迚吹擧(すいきよ)なし、則(すなはち)典膳名苗字とも改(あらため)、小野治郎左衞門と名乘(なのり)、御旗本に被召出(めしいだされ)し也。然るに典膳は一刀齋一二の弟子たれども、典膳より先きに一刀齋に附添(つきそひ)廻國までなせし全龜(ぜんき)といへるありしが、彼(かれ)を除(のけ)て典膳を吹擧せし由。右全龜は元淀川の船頭にて飽(あく)までの強力(ごうりき)者にて、典膳より先に門下たる者なり。其始を尋ぬるに、一刀齋長き刀をさして淀舟に乘(のり)しを彼(かの)船頭見及びて、劍術遣ひにも有(ある)べし、長刀(ちやうたう)こわくなしなど嘲り笑ひ、いかなる者にても我(わが)力量に勝るべき覺(おぼえ)なし、いで力を見せんと、乘合の好(よしみ)に任せあたりに繫(つなぐ)舟を片手に傾け、水一盃入れて又右の船を打返し水をこぼして元の如くなしけるゆゑ、一座膽(きも)を潰し一刀齋も驚歎(きやうたん)せしが、兎角勝負を望(のぞみ)れば一刀齋いわく、かかる力量、我(われ)勝(かつ)べきと覺へざれども、勝負なさば我も死までも可立合(たちあふべし)とて、右船頭倶々(ともども)船より上(あが)りければ、乘合其外往來の者も、見物事(みものごと)なり、あはや彼(かの)侍は打ちころされなんと、どよみ見物せしに、船頭は櫂(かい)を引提(ひつさげ)、一刀齋は刀を拔(ぬき)放ち立向ふと見へしが、船頭輕々と櫂をふり上(あげ)て拜み打(うち)にうちしを、引はづしてむ手(て)にて襟元を押へしに、櫂は大地にあくまで打込(うちこみ)、拔(ぬか)んとすれども拔(ぬけ)ず。襟元を一刀齋押(おさへ)つけて、汝力量勝れたりとも、我手に懸け只今切害(せつがい)なすは眼前なり、右の心底を改め我に隨(したがひ)、刀劍の術修行なさば其功少(すくな)からずと諭しければ、先非を悔(くひ)、誤り入(いり)て一刀齋の門人となり諸國を供して遍歷せしに、右の恨(うらみ)を殘せしや、生質(せいしつ)の惡心にや、一刀齋が太刀筋習ひ覺(おぼえ)けれど、或は一刀齋が寢息を伺ひ、又は一刀齋が油斷あるべき所を伺ひし事度々ありしが、大量奇術の一刀齋ゆゑ諸國武者修行に召連れ、多分は右の者にまづ仕合(しあひ)をなさしむるに力量拔群故不勝(かたず)といふ事なく、彌(いよいよ)一刀齋は手を下(くだ)さずして其名いよいよ高し。然るに前に記せし典膳を吹擧の節、全龜大きに憤り、我は師に功もあり、典膳よりは先きに門入(もんいり)して隨身(ずいじん)なせしを、舊(ふる)きを捨て新ら敷(しき)を吹擧ある事、鬱憤なりと恨(うらみ)しかば、一刀齋曰(いはく)、汝が其昔を考(かんがふ)べし、淀舟の船頭なり、典膳は初(はじめ)より刀を差す浪士なり、扨又汝は一旦伏從(ふくじゆう)なすといへども、師恩を忘れ我に刃向ふ事、知るまじと思ふべけれど、あまたゝびなり、とく可殺(ころすべき)を是迄救置(すくひおき)しは我(わが)仁慈なり、かゝる無道の者を、公(おほやけ)へ吹擧なるべきやと申(まうし)ければ、全龜も一言なく閉口せしが、我等は典膳に後(おく)れ活(いく)べき所存なし、哀れ典膳と勝負を願(ねがひ)、我(われ)勝(かち)なば我を吹擧なし給へと云。典膳是を聞(きき)て、某(それがし)非力なれば全龜に殺されんは治定(ぢじやう)なれども、殺されなば我(わが)名目を以(もつて)、全龜を吹擧なし給へと兩人願ふゆへ其意に任せしに、兩人立(たち)わかれ、全龜は己(おの)が力を以(もつて)、典膳を一刀に打殺(うちころ)さんと拜み打(うち)にうちしに、典膳は一刀齋が傳授の極祕(ごくひ)拂(ほつ)といへる太刀にて、股(もも)よりすくひ切(きり)返す太刀の早業にて、肩より兩手へかけて切りければ、全龜は一刀四段となりしとかや。今小野治郎左衞門家にて、龜割(かめわり)といへる刀は、彼全龜を切りし刀の由、一帆齋かたりぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。……根岸先生……これ、「耳嚢 巻之一」の「小野次郎右衞門出身の事 附 伊藤一刀斎齋が事」と殆ど同じでげしょう! うまくありませんなぁ……。偽装騒ぎの昨今、千話に偽りありと叩かれますぜ!……

・「伊藤一刀齋」(生没年不詳 「伊東」とも)一刀流剣術の祖でもある。底本の鈴木棠三氏の補注によれば、彼は寛永九(一六三二)年の家光の御前試合に召されたが、既に伊藤一刀斎は九十歳を越えていたとする。以下、注も「耳嚢 巻之一」の「小野次郎右衞門出身の事 附 伊藤一刀斎齋が事」の私のそれをほぼ援用するが、追加もしてある。また、現代語訳は第一巻の私の古い訳は敢えて読み返さずに全く新たに書き下ろした。

・「入御聽に(おききにいり)」読みの「に」は本文に出ている。

・「近國の殘り」意味が通じない。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版を見ると、『廻国の残り』とある。そちらを採る。

・「神子典膳」「小野治郎左衞門」小野次郎右衞門こと小野忠明(永禄一二(一五六九)年又は永禄八(一五六五)年~寛永五(一六二八)年)の誤り(訳では訂した)。将軍家指南役。安房国生。仕えていた里見家から出奔して剣術修行の諸国行脚途中、伊藤一刀斎に出会い弟子入り、後にここに登場する兄弟子善鬼(本文の「全龜」)を打ち破り、一刀斎から一刀流の継承者と認められたとされる。以下、ウィキの「小野忠明」によれば、二文禄二(一五九三)年に徳川家に仕官、徳川秀忠付となり、柳生新陰流と並ぶ将軍家剣術指南役となったが、この時、それまでの神子上(みこがみ)典膳吉明という名を小野次郎右衛門に改名した。慶長五(一六〇〇)年の関ヶ原の戦いでは秀忠の上田城攻めで活躍、「上田の七本槍」と称せられたが、忠明は『生来高慢不遜であったといわれ、同僚との諍いが常に絶えず、一説では、手合わせを求められた大藩の家臣の両腕を木刀で回復不能にまで打ち砕いたと言われ、遂に秀忠の怒りを買って大坂の陣の後、閉門処分に処せられた』とある。但し、底本の鈴木氏の「耳嚢 巻之一」の「小野次郎右衞門出身の事 附 伊藤一刀斎齋が事」の方の補注では、この記事の小野次郎右衛門・伊東一刀斎・将軍の人物には齟齬があることを指摘されており、この伊東一刀斎を召し出そうとした将軍が『家光を指すのであれば、家光に仕えたのは忠明の子忠常(寛文五年没)で』あるとし、更に、本文にあるように『小野家が千石を領した事実は、子孫にいたるまで』見られないとする。おまけに『忠常は家光の御前でしばしば剣技をお目にかけたが、その剣術は父から学』んだものであって、小野忠常自身は『一刀斎の門人ではない』と記された上、『この種の武勇譚では』、話者も読者も話柄の武勇談自体の力学が肝心なのであって、『史実と矛盾する点はあっても看過され不問に付されることが多い』といった主旨の注釈を施しておられる。

・「全龜」底本の本話の注で鈴木氏は、『三村翁注、「下総国相馬郡善鬼の塚あり、土人善鬼松といふ。」善鬼とも書く。典膳と小金原で雌雄を決したとき、善鬼が甕の後に隠れたのを、典膳は甕もろとも斬り下げた、その刀を瓶割刀と名づけ、小野家の宝刀としたと記した書も多い。善鬼と書くところを見ると、大峯の善鬼、日光古峯ケ原の善鬼と関係ある山伏系の者かという説もある』と記されておられる。ウィキの「伊東一刀斎」によれば、「一刀流口傳書」及び「撃剣叢談」によれば、一刀斎が弟子の善鬼と神子上典膳に勝負させたのは、下総国小金原(現在の千葉県松戸市小金原付近。なお「雜話筆記」では濃州桔梗ガ原(乗鞍岳の北)とする)であったとする。訳ではこの決闘場所を少し加味させた。なお、同記載の方では、典膳は後に一刀斎によって徳川家康へ推薦され、文禄二(一五九三)年に徳川秀忠に二百石で仕えたとする説を載せる。とすれば、「卷之八」の執筆推定下限は文化五(一八〇八)年であるから、この話、実に二百十五年も前のこととなる。伝説化するに十分過ぎる昔々のその昔の話ではある。

・「とよみ」「響(どよ)む」(平安中頃までは「とよむ」と清音であった)で、多くの人が大声をあげて騒ぐ。どよめく。

・「船頭輕々と櫂をふり上(あげ)て拜み打にうちしを、引はづしてむ手にて襟元を押へしに、櫂は大地にあくまで打込(うちこみ)、拔(ぬか)んとすれども拔(ぬけ)ず。襟元を一刀齋押つけて」の「む手」は「無手」で、手に何も持っていないこと、素手の意だが、この部分、私が馬鹿なのか、どうもシチュエーションが理解出来ない。諸本はここに一切注しないのであるが、私はここは錯文ではないかと疑っている。特に「襟元を押へしに」の箇所と、直後の一刀斎が「襟元を」「押つけて」という箇所の描写が妙にダブついているように思われる。ここは実は例えば、

……船頭輕々と櫂をふり上げて拜み打ちにうちしを、櫂は大地にあくまで打ち込み、拔かんとすれども拔けず。引はづしてむ手の彼(かの)者の襟元を一刀齋押へつけて……

といった文脈ではなかったろうか? この例で現代語訳した。大方の御批判を俟つ。

・「生質(せいしつ)」生まれつきの気質の謂いとしてかく読んでおいたが、「きしつ」かも知れない。

・「大量」心が広く度量が大きいこと。

・「奇術」神妙なる剣術の技。

・「拂(ほつ)」は底本のルビ。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では、『払捨刀』(ルビなし)とある。

・「一刀四段」一刀のもとに両腕を切断する(左右の腕で「二」)と同時に腹部で胴も完全に截ち斬って(上半身と下半身で「二」)四断ということらしいが、どうすればそうなるかはちょっと想像し難い。ただ、一刀斎が修業時代に異様に長い太刀を持っていたと前にあり、典膳が彼から伝授された秘伝の太刀『払捨刀』というのがそれであるとするならば、棹のように長尺の、すこぶるしなりのよいものであって、例えば、打ち込んでくる全亀の両腕をまず切り落とし――「股」よりというのは、向かって来る全亀の右足を前に出した左下方向から「すくひ」上げて両腕を「切通す」の意で採り――、その直後に両腕を返して向かって左上から全亀の右肩から胴部にかけてを袈裟掛けに一気に『払捨』てる――といったことが可能な、恐るべき魔刀ともいうべきものででもあったのかも知れない。

・「一帆齋」ブログ「無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)」の「広島の剣術流派 3」で、「一帆斎流」を挙げ、『天明~寛政期に吉田一帆斎という浪人が広島城下で剣・槍・長刀を教え、時の藩主、浅野重晟もその業前を見たという』という「広島県史 近世2」からの引用がある。次の「剛氣朴質の人氣性の事」に「吉田一帆齋」の名が出るので彼であろう。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 一刀斎の鋭き知見の事

 

 一刀斎は一刀流の始祖にして、諸國を遍歴して修行をなし、その名は天下に隠れなく、御公儀におかせられても、その技量の噂がお耳に入り、召し出ださんとの御沙汰で御座ったが、

「――未だ回国の修行をもし残し、とてものことに将軍家御出仕の志願を、これ、遂ぐるに足る技(わざ)を修めては御座らねばこそ――平に御許しあれかし――」

と辞去を願い出たが、その上で、

「――弟子の内、神子典膳なる者、これ、その術、我らに劣らざればこそ、将軍家御稽古の御相手の一人とは、これ、なりましょう。――」

と推挙し申し上げた。

 そこで典膳は名・苗字ともに改め、小野次郎左衛門と名乗り、御旗本として召し出だされたと申す。

 然るに、典膳は確かに一刀斎の一、二を争う凄腕の弟子にては御座ったれど、この典膳より先に、一刀斎に附き添うて、その廻国修行までもともに致いたところの、全亀(ぜんき)と申す高弟が御座った。

 その彼をさしおいて、二番弟子の典膳を推挙致いたということで御座った。

 さて、この全亀なる者は、元は淀川の船頭の出で、比類なき強力(ごうりき)者にして、確かに典膳より遙か先に門下となった者では御座った。

 その謂われを尋ぬるに…………

 

……かつて一刀斎、廻国修行の途次、恐ろしく長き刀を挿して、淀川の渡し舟に乗ったところ、かの船頭――後の全亀――がこれを見とがめ、

「――ワレ! 剣術遣いにてもあるかいノゥ? そないに長い刀――ヘッ! 怖くも何ともないワイ!」

なんどと無体に嘲(あざけ)り笑い、

「――どないな者(もん)でもナ! 我(わい)のこの力量(リキ)に、これ、勝てようはずも、ないワイナ!……オゥ! どないヤ?! 我(わい)の力(リキ)見したろかッ?!」

と申す始末。

 一刀斎、しかと致いて黙っておると、

「……まんずヨ! 我(わい)の舟に乗り合わせた好(よし)みっちゅうもんヤデ!」

と、ますます勝手に合点致いて、近くの川端に繋いで御座った同じほどの相応に大きなる空の渡し舟を、これ、片手だけで傾けると、淀の流れに軽々と沈めて、その舟内(ふなうち)に水を一杯に入れる。

 ところが――その、凡そ数人がかりにても持ち上がろうはずもない水舟を――これ、いとも簡単に――しかも、またしても片手で――軽々とひっくり返し――水をすっかり空けて、これまた元の如くに川面に浮かべおいた。

 されば、その渡し舟に乗り合わせた一座の者どもは、これ皆々、肝を潰し、一刀斎もまた、その怪力には驚嘆致いて御座ったと申す。

 するとかの船頭はなおも、

「――ワレ! ともかくもヨゥ! 我(わい)と、勝負せえヤ!」

と望んできかぬ。

 されば、一刀斎曰く、

「――かかる力量の持主となれば――我ら、勝つとも、これ、よう思わざれど――勝負を致す上は――我らも死するまで――立ち合い申そうぞ。」

と、その船頭ともども、舟より上がったと申す。

 乗り合わせた旅客その他、往来を行く者どもまでも、

「……こりゃ、見物(みもの)やで!……」

「……あ、あかん!……あのお侍は……き、きっとあの怪力なれば……打ち殺されてしもうでぇ!……」

と、大騒ぎとなって、皆、固唾を呑んで取り巻いて御座った。

 船頭は持ち舟の大きく長い櫂(かい)を引っ提げ、一刀斎はといえば、かの長い刀を抜き放って立ち向う。

――一瞬

――時が止まったかのように

――皆々

――息を潜めた…………

――と!

――船頭が軽々と重い櫂をふり上げた!

――かと思うと!

バッツ!

と!

――拝み打ちに一刀斎の真っ向に振り下ろした!

――次の瞬間!

ドスッツ!

と!

――櫂は

――空しく大地に

――深(ふこ)う打ち込まれて御座った。

……船頭、如何に抜かんとすれども

……いっかな抜けぬ!

……仕方のぅ、船頭は櫂から手を放した。…………

……と!

……素手の船頭のその襟元を

ザッツ!

と! 一刀斎、押さえつけ!

船頭に向かって、

「――汝、力量これ勝れたりと雖も――只今――我ら手に懸け、切り殺すは最早、目前なり。……どうじゃ? 一つ、ここにて心底を改め、我らに随い、刀剣の術を修行なさば――その功は少なからずあろうとは存ずるが――如何(いかん)?!」

と諭した。

 されば船頭は、すぐさまそこで先非を悔い、謝りいって、そのまま即座に一刀斎が門人となって、諸国を供して遍歷致いたと申す。…………

 

 されど……その折りの恨みを後々までも残したものか……はたまた、生まれつきの気質が、これ、悪しき心にてもあったものか……一刀斎の太刀筋を美事、習い覚えはしたものの……時に一刀斎が寝息を伺い……またある時は一刀斎の油断致いておろう所を伺うようなことも……これ、しばしば御座ったと申す。…………

 

 しかし、大いなる力量と神技に等しき剣術の持主で御座った一刀斎ゆえに、このような邪心を隠した男なれど、諸国武者修行に親しく召し連れ歩き、多くの他流試合にては、この者をまず組ませて戦わせた。

 すると、その力量や技は、これ、恐ろしく抜きん出て御座ったゆえに、どのような折りにても、これ、勝たぬということは御座らなんだと申す。…………

 

 されば、いよいよ一刀斎は手を下さずして、全亀の働きによって、一刀流の名は、これ、またいよよ高まって御座ったと申す。…………

 

 然るに、前に記したところの典膳を、これ、御公儀へ推挙致いた砌り、これを知った全亀は大きに憤って、

「……我は師に対し、一刀流を広めたる功もあり、典膳よりは先に入門致いて随身(ずいじん)仕ったに……まさに古き舎弟を捨てて、新らしき典膳如きを推挙あるとは……これ、我ら、鬱憤義憤を感ぜずんばならず!……」

と、痛く恨みを抱いて御座った。

 するとそれを察した一刀斎は、

「――汝がその昔をよう考えてみるがよいぞ。――汝は、もと淀の舟の船頭であったが、典膳は、その初めより、刀を挿す浪人であった。――さてもまた、汝は一旦、服従なすと雖も――師弟の恩をも忘れ、我らに刃(やいば)を向け刃向わんとすること――

……さぁて、これは、汝、我らがまるで知らぬと思うておったろうが、の……

……これ、総てお見通しであったわ……

――数多たびあった、での。

早(はよ)うに――『命をとらんに若かず』――と思うたを、これまで救いおいたは、これ、我が仁慈ゆえじゃ。――かかる無道の者を公(おおやけ)へ推挙など致そうはずが、これ、あろうものか!」

と叱咤致いたれば、全亀、一言もなく閉口致いて、その場は退いて御座ったと申す。

 しかし、じきに、

「……やはり……我らは典膳に先を越されて……生きてゆく気持ちは――これ、ない。……どうか、お師匠さま! 典膳と勝負を願おう!……しかして我らが勝ったれば、我を推挙し直して下されよ!……」

と訴えて御座った。

 また、典膳もこれを聞くと、

「……某(それがし)は非力なれば、全亀に殺されんは必定なれども……殺されたならば――我らの面目のためにこそ――全亀を推挙して下されよ。」

と両人、雁首揃えて師に願い出て参ったによって、一刀斎は遂にその意に任せ、真剣勝負を致いて、勝った方には御公儀への推挙と一刀流免許相伝を約すことと相い成って御座った。…………

 

 果し合いの場所は下総国小金原――

 両人、

――すっ

――立ち別れる……。

――全亀は己(おの)が力をためにため!

――典膳を一刀両断に!

――うち押し斬って殺さんものと!

――拝み打ちに!

――その太刀を!

――振り下ろさんとした!

が!

――典膳は

――前夜、秘かに一刀斎から伝授された秘伝の『拂(ほつ)』と申す恐ろしく長い太刀を以って、全亀の股の方より!

バラリ!

と!

――掬うように両の腕を切り落す!

――して!

――返す刀の早業!

ズン!

――と!

――全亀の右肩より左胴へと斬り下ろす!

……さても

……全亀の肉は

……実に一瞬にして

……一刀四断と

……なって御座ったと……申す…………

 

……今、小野治郎左衛門家にある伝家の宝刀「亀割(かめわり)」と称する刀は、その折り、かの全亀を切り裂いた刀であると、吉田一帆斎殿が、直かに私に語って下さった話で御座った。

« 北條九代記 院宣 付 推松使節 竝 二位禪尼評定 承久の乱【十一】――三浦義村、院方の弟胤義の同盟を慫慂する私信を拒絶し、北条義時に報告、義時、院宣使推松を探索の上、捕縛す | トップページ | 大槻文彦「言海」の「猫」の項 + 芥川龍之介の同項を批評したアフォリズム「猫」 »