フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(30) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(32) »

2013/12/25

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(31)

  畫(ゑ)の島の晴雪(せいせつ)   安脩(あんしう)
神山 高く泛び 海溟 孤なり
登りて眺むるに 乾坤 書畫に似たり
萬里の潮風 杖履(ぢやうり)を吹き
千巖(せんがん)の氷雪 肌膚に映ず
瑤林(えうりん)瓊樹(けいじゆ) 花 晶瑩(しやうえい)し
金闕(きんけつ)銀宮(ぎんぐう) 影 有る無し
夕べに向ひて 忽ち聽く 仙樂の起こるを
槎(いかだ)に乘りて 直ちに訝る 蓬壺に到らんかと

 雪後の晴天の江の島という比較的珍しい景観を詠む。私も嘗て大豪雪の翌日に無人の江の島を友と彷徨した忘れ難い思い出があるだけに、この詩の感懐は頗る分かると言っておきたい。
「瑤林瓊樹」「瑤」「瓊」孰れも美しい宝玉で、美しい樹林を指す。
「晶瑩」「晶」はきらきらと輝くこと、「瑩」は訓で「瑩(やう)ず(ようず)」と読み、宝玉などを貝で磨いて光沢を出すことをいうから、ここは凍(こご)った雪を持って花が美しく輝いているという意味であろう。
「闕」本来は古代中国の宮殿・祠廟・陵墓などの門前の両脇に、張り出した形で左右対称に設けられた望楼を言った。中間部分が何もない(「闕」は「欠」で欠けるの意)ことに基づく。ここは単に楼台の意。
「槎」仙人が仙界との行き来に常用するという筏。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(30) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(32) »