フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(23) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(25) »

2013/12/25

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(24)

  遊畫島宿山寺   山村良由〔字君裕 號蘇門〕

金龜島秀彩雲間。

求寺羊腸薄暮攀。

窓外波濤千里外。

巖頭樓閣萬尋山。

月觀鷗鳥心偏靜。

耳伴松風夢亦閑。

一夜自疑天上住。

何堪明日向人寰。

 

[やぶちゃん注:底本では「山田良由」とあるが、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーの「相模國風土記」の「藝文部」で訂した。山村蘇門(寛保二(一七四二)年~文政六 (一八二三)年)は江戸時代中後期の武士。通称は甚兵衛。尾張名古屋藩木曾代官第九代。天明の飢饉を乗り切って天明八(一七八八)年に家老となった。学芸を好み、先に出た大内熊耳に師事、詩・書画に優れた。名の良由は「たかよし」と読む。著書に「忘形集」(共著)・「清音楼集」など(講談社「日本人名大辞典」に拠る)。

 

  畫(ゑ)の島に遊び山寺に宿る   山村良由〔字は君裕、號は蘇門。〕

金龜島 秀(しう)たり 彩雲の間

寺を求む 羊腸 薄暮の攀(はん)

窓外 波濤 千里の外(そと)

巖頭 樓閣 萬尋の山

月 鷗鳥(おうてふ)を觀(み)て 心 偏へに靜かなり

耳 松風(しようふう)を伴ひて 夢 亦た閑かなり

一夜 自(おのづ)から疑ふ 天上の住(ぢゆう)たらんかと

何ぞ堪へん 明日 人寰(じんくわん)に向ふを

 

「萬尋」万仞に同じい。1(ひろ:本邦の慣習的な長さの単位で、両手を左右に伸ばした際の指先から指先までの長さを基準とし、一尋は五尺(約一・五一五メートル)乃至は六尺(約一・八一六メートル)。縄・釣糸の長さや水深に用いることが多く、水深の場合には六尺と既定する。)の一万倍(約一万八千メートル相当)。転じて、非常に高い(深い)ことを指す。

「月觀鷗鳥心偏靜」は月(=明鏡=作者の心)が飛ぶ鷗を「觀(み)」て月(=明鏡=作者の心)が只管に澄み渡って静かなという心象であろう。

「人寰」人間界。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(23) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(25) »