フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 8 東京大学構内 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 9 東京運動倶楽部運動会 »

2013/12/02

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 8 日本アジア協会での大森貝塚発掘講演

 日本亜細亜協会が十月十三日の会に際して、開会の辞を述べる可く、私を招待した。私は大森の陶器と、日本に於る初期住民の証跡とに就て、話そうと思っている。

[やぶちゃん注:「日本亜細亜協会」“The Asiatic Society of Japan”日本アジア協会は明明治五(一八七二)年に主にイギリスと日本との交流活性化のために横浜で創設されたもので、当時、居留していた主としてイギリス人とアメリカ人の外交官・実業家・宣教師からなるグループによる日本についての知見を深めるための定期的な懇話会としてスタートした。そこにはアーネスト・サトウや当時のイギリス公使ワトソン、外交官ハリー・パークス、英国領事館ジョン・ギボンズ、チェンバレン、日本語・日本文化の研究に大きく貢献したサンソム、多くの近代建築を東京に残したジョサイア・コンドル、ジャーナリストで作家のキプリングといった英国人の他にも、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)や宣教師でローマ字表記法の考案者であったヘボン(アメリカ人)、森有礼らが会員であった。現在も活動を続けている(同協会公式サイトのエリック・ベレント日本アジア協会の設立と異文化研究の先駆者たちを参照した)。磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」によればモースが招待されたそれは、明治一〇(一八七七)年十月十三日(土曜)夜八時半から横浜のグランドホテルで開かれた例会で、「日本民族における古代民族の形跡」と題したもので、これは英字新聞である十月六日附『トーキョー・タイムズ』で『すでに予告され、公園の数日前から各英字紙に連日広告され、そのため大勢の聴衆が集まり、最初に予定していた部屋ではおさまりきれずに大ホールに変更したと、『ジャパン・ガゼット』十月十五日号は伝えている。残念ながら、公園の詳細は不明』とある。演題から見ると、この時すでに大森貝塚人プレ・アイヌ説が披露されていたと考えてよいように思われる(同書によればプレ・アイヌ説は先立つ十月六日附『トーキョー・タイムズ』で、日本側では翌七日発行の『民間雑誌』、続く八日附『東京日日新聞』の記事に載っている)。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 8 東京大学構内 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 9 東京運動倶楽部運動会 »