フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 33 町屋逍遙 | トップページ | 耳嚢 巻之八 鬼子母神にて家を立し笑談の事 »

2013/12/21

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(18)

  和高子式遊畫島觀濤之作   秋儀

海上巍々天女臺。

登臨此日壯遊哉。

潮驕海關千鯨吼。

勢捲銀山萬馬來。

暫爾扶搖生羽翰。

居然咫尺問蓬萊。

篇成七發飛揚劇。

君自當年枚叔才。

 

[やぶちゃん注:「秋儀」不詳。識者の御教授を乞う。

 

  高子式の畫(ゑ)の島に遊びたるをりの「觀濤」てふ作に和す   秋儀

海上 巍々(ぎぎ)たり 天女臺

登臨す 此の日や 壯遊

潮は海關に驕(けう)して 千鯨の吼(く)

勢は銀山を捲きて 萬馬の來(らい)

暫爾(ざんじ)の扶搖(ふえう) 羽翰(うかん)を生じ

居然(きよぜん)たる咫尺(しせき) 蓬萊を問ふ

篇 成る 七發 飛揚の劇

君 自づから當年 枚叔(ばいしゆく)の才

 

「高子式」不詳。

「壯遊」胸に壮志を抱いた壮士の旅。

「銀山」三角波のことか。

「暫爾」暫しの間。「爾」は状態を示す助字であろう。

「扶搖」は伝説の巨鳥鵬が翼をはばたいた時に起こるつむじ風。旋風。「荘子」内篇の「逍遙遊第一」の著名な冒頭に基づく。

「羽翰」鳥の羽であるが、詩を賦すための筆も暗示するか。

「居然」凝っとして動かぬさま。

「咫尺」非常に短い時間を指すが、これには貴人の前近くに出て拝謁することの謂いがあるのでそれ(ここでは仙女仙人の前)をも利かせるか。

「七發」は前掲の名詩人枚乗(枚叔)の最も有名な「文選」に載る美文。高子式の江の島での「觀濤」という詩をそれに喩えたものであろう。

「飛揚の劇」感性の、自在に天空を舞うような鷹揚なる力強さや雄大さを言うか。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 33 町屋逍遙 | トップページ | 耳嚢 巻之八 鬼子母神にて家を立し笑談の事 »