フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(19) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(21) »

2013/12/24

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(20)

  和子遷先生題江島石壁之作   越智正珪〔字君瑞 號雲夢〕

碧海祠檀捧玉盤。

金龜山上夏雲寒。

知君試賦觀濤色。

不讓枚乘八月看。

 

[やぶちゃん注:越智正珪(貞享三(一六八六)年~延享三(一七四六)年)は江戸中期の医師で儒者。曲直瀬(まなせ)平庵の子で、父の跡を継ぎ、養安院と称して幕府医官として出仕し、後に法眼となった。荻生徂徠に古文辞を学んだ。別号に神門叟、雪翁。著作に「懐仙楼集」「神門余筆」など(講談社「日本人名大辞典」に拠る)。

 

  子遷先生の「江島石壁」と題するの作に和す   越智正珪〔字は君瑞、號は雲夢。〕

碧海の祠檀(しだん) 玉盤を捧ぐ

金龜山上 夏雲(かうん)寒(さび)し

知る君 試みに賦す 觀濤(かんたう)の色(しよく)

枚乘(ばいじよう)に讓らず 八月の看(かん)

 

「和子遷先生題江島石壁之作」の「子遷先生」は服部南郭の号で、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーの「相模國風土記」の「藝文部」を見ると、この詩の直前に「題江島石壁」と題する服部南郭の詩が載る。以下に示す(例によって訓読は私の勝手なものである)。

 

  題江島石壁

風濤石岸鬪鳴雷。

直撼樓臺萬犬廻。

被髮釣鼈滄海客。

三山到處蹴波開。

 

   江の島石壁に題す

  風濤の石岸 鳴雷と鬪(あらそ)ふ

  直撼(ちよくかん)す 樓臺 萬犬(ばんけん)の廻(くわい)

  被髮(ひはつ)して 鼈(べつ)を釣る 滄海の客

  三山 到る處 波を蹴つて開く

 

承句は波濤旋風の廻る音を無数の犬の吠え声に喩えたものか。「被髮」はざんばら髮で、映像は神仙のイメージである。

「枚乘」前漢の詩人。既注。

「看」は見守る、観察するの謂いで、詩に十全に詠じたことを言うか。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(19) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(21) »