フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(15) | トップページ | 鬼城句集 冬之部 凍凍 »

2013/12/15

明恵上人夢記 28

28
 建永元年五月廿日より、在田郡の爲に、立ちどころに直ちに祈禱して行法を始む。二時に寶樓閣法を修す。〔証、本書に見えたりと云々〕幷に二時に佛眼念誦(ぶつげんねんず)・大佛頂等、之を始む。神護寺に於いてす。
一、同廿九日の夜、夢に云はく、一人の童子有り。遍身に寶鬘瓔珞(ほうまんやうらく)を帶び、懌の面にして來りて親近(しんごん)すと云々。又、十餘人の童子有り。皆悉く愛好也。來りて親近すと云々。
[やぶちゃん注:「建永元年」西暦一二〇六年。
「在田郡」和歌山県有田郡。明恵はこの有田郡石垣庄吉原で承安三(一一七三)年一月八日に生まれた。
「〔証、本書に見えたりと云々〕」この割注の意味不詳。そうした祈禱修法の成就は以降の夢が物語っているという意味か? 一応、かく訳した。大方の御批判を俟つ。
「寶鬘瓔珞」諸仏の豊かな美しい頭髪、それに下がる美しい瓔珞。
「懌」よろこび。]

■やぶちゃん現代語訳
28
 建永元年五月二十日より、生地在田郡(ざいたのこおり)のために、迷うところなく直ちに祈禱をして行法を始めた。次いで続けて宝楼閣法を修した。〔その修法の効果の証左は、本書の夢に現われているのである。〕ならびに更に間髪を入れず、仏眼念誦(ぶつげんねんず)や大仏頂等の修法、これを滞りなく始めた。総ては神護寺に於いての祈禱修法であった。
一、同二十九日の夜、見た夢。
「一人の童子がいる。全身、美しく眩しいばかりの宝鬘瓔珞(ほうまんようらく)を帯して、喜悦の面相で私の前にやって来ては、如何にも親しげな様子である。……また、十余人の童子が他にもいるのである。皆、悉く美しい相好で、彼らが皆、私のところへやって来ては、如何にも親しげに接して呉れるのである。……

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(15) | トップページ | 鬼城句集 冬之部 凍凍 »