フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 糞穴に落し笑談の事 | トップページ | 明恵上人夢記 28 »

2013/12/15

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(15)

  游江島   熊阪邦

扁舟破浪御長風。
上岸先攀天女宮。
鳥道斜連龍穴路。
漁家直與蜃樓通。
觀濤枚叔猶應拙。
賦海玄虛未許工。
興罷旗亭聊把酒。
彩雲遙落客杯中。

[やぶちゃん注:熊阪邦は熊坂台州(くまさかたいしゅう 元文四(一七三九)年~享和三(一八〇三)年)で儒者。名は定邦、字は子彦、通称宇右衛門。陸奥伊達郡(現在の福島県)高子(たかこ)村の豪農で江戸に出て入江南溟(なんめい)・松崎観海に学んだ。郷里に学舎海左園を建てて教育に当たり、窮民救済・開墾などに尽くした。著作に「信達歌」「魚籃先生春遊記」など(講談社「日本人名大辞典」に拠る)。

  江の島に游ぶ   熊阪 邦

扁舟 浪に破れ 長風を御す
岸に上りて 先づ天女宮へ攀づ
鳥道(てうだう) 斜めに連なれり 龍穴の路
漁家 直ちに蜃樓へと通ず
濤を觀るに 枚叔(ばいしゆく) 猶ほ應に拙たるべく
海に賦すに 玄虛(げんきよ) 未だ工を許さず
興罷(や)みて 旗亭 聊か酒を把(と)る
彩雲 遙かに落つ 客杯の中(うち)

「鳥道」鳥しか通えぬような険しい山道。鳥路。鳥径。
「枚叔」前漢の詩人枚乗(ばいじょう 生没年不詳)のことであろう。叔は字。淮陰(現在の江蘇省淮安市)の生まれで、賦や文章を得意とした遊説の徒であった。
「玄虛」不詳。平安前期の広隆寺の大別当に同名の僧がいるが、中国の詩人でないとおかしいし、老子の思想の「玄虛」では前句との対句性が著しく損なわれるように思われる。お手上げである。識者の御教授を乞う。]

« 耳嚢 巻之八 糞穴に落し笑談の事 | トップページ | 明恵上人夢記 28 »