フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« くろんぼ踊り 萩原朔太郎 (未発表詩篇) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(20) »

2013/12/24

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(19)

  遊畫島風雨波惡不能探窟   川榮壽

孤島人間外。

綵雲千里連。

窟臨滄海上。

宮秀碧山巓。

風雨來搖樹。

波濤起蹴天。

明珠探不得。

何處驪龍眠。

 

[やぶちゃん注:川栄寿なる人物は明治一九(一八八六)年刊松村精一郎編「江山勝概」上冊の巻頭に漢文の「遊日光山紀行」なるものをものしており、同書目次には作者名『川 榮壽』の下に割注を入れ、『字萬年 江戸人』とある。底本では二句目の「綵雲」が「緣雲」となっているが、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーの「相模國風土記」の「藝文部」で訂した。

 

  畫(ゑ)の島に遊ぶも、風雨・波(なみ)惡しくして、窟を探る能はず  川榮壽

孤島 人間(じんかん)の外(がい)

綵雲(さいうん) 千里に連なる

窟 臨む 滄海の上(しやう)

宮 秀(ひい)づ 碧山の巓(てん)

風雨 來つて 樹を搖らし

波濤 起つて 天を蹴る

明珠 探るを得ず

何處(いづく)にか 驪龍(りりよう) 眠らん

 

「綵雲」彩雲。

「驪龍」黒龍(こくりゅう)のこと。全身の鱗が黒い。特に驪竜 (りりょう) と呼ばれた場合は、顎の下に貴重な珠を持っているとされる。光を苦手とし、普段は深い海底に一匹で棲息し、光のない新月の夜にのみ、その姿を海底から現わすとされることから、海又は闇を司る存在として、魚を乱獲する者を海底に引きずり込むなど、一般には災厄を齎すものとして形象されることが多いが、水墨画との相性の良さから黒龍はしばしば画題ともなる(ウィキ竜」の記載を参考にした)。]

« くろんぼ踊り 萩原朔太郎 (未発表詩篇) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(20) »