フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 短歌四首 明治三六(一九〇三)年五月 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(17) »

2013/12/20

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 32 薪について

 今日材木市場へ行って見て、薪を大きな汽罐にも、またストーヴにも使用することを知った。薪は我国に於るようにコードや、或は大きなかたまりで売るのではなく、六本ずつの小さな束に縛りつける。私は薪のかかる小さな束を、ウンと積み上げたのを見た。これ等は一ドルについて二十束の値で売られる。薪の質はよく、我国でストーヴに使用する薪の二倍位の長さに切ってあった。
[やぶちゃん注:「大きな汽罐」原文“large boilers”。今や「ボイラー」のままの方がすんなり読めるほどに日本語はアメリカナイズされてしまったことをしみじみ感じる。
「コード」原文“the cord”。底本では直下に石川氏の『〔木材の立方積を測る単位〕』という割注が入る。英語圏に於いて燃焼用に切った木材量の体積単位を示すもの。4×4×8フィート(≒122×122×244センチメートル)を占める未製材の木材量を1コードとするもので体積約80立方フィート(約227立方メートル)、重量は1~1・2トンに達するから日本人の感覚から言うなら一単位が馬鹿でかいと言えよう。
「これ等は一ドルについて二十束の値で売られる」当時の価格換算は既にしばしば行ってきたが、再度示すなら、明冶十年当時の米価(卸売価格)で60キログラムで1円34銭であるから、米価換算だと当時の 1円は凡そ10000円強となり、当時の良質の一般的な手頃な長さの薪一本は凡そ8厘(現在の80円相当)であったということになる。]

« 萩原朔太郎 短歌四首 明治三六(一九〇三)年五月 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(17) »