フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« キリスト教の祕密 萩原朔太郎 | トップページ | 耳嚢 巻之八 剛氣朴質の人氣性の事 »

2013/12/23

萩原朔太郎 短歌七首 明治三六(一九〇三)年八月

紅梅に二十年を倦みし人の如おのづからなる才ふけにけり

 

よれば戸に夢たゆげたげの香ひあり泣きたる人の宵にありきや

 

相見ざる幾年へぬる君ならむ肱細うして泣くにえたえぬ

 

いささかは我れと興ぜし花も見き今寂寞たえぬ野の道

 

はらからが小唱になりし我が戀にあたたまるべき水流れゆく

 

魂は人にむくろは我に露ながら夏野の夢のなごり碎くる

 

名なし小草はかな小草の霜ばしら春の名殘とふまむ人か

 

[やぶちゃん注:『文庫』第二十三巻第六号(明治三六(一九〇三)年八月発行)に「上毛 萩原美棹」名義で掲載された七首。第三首及び四首の「たえぬ」はママ。萩原朔太郎満十六歳。

 初出では三首目が、選者服部躬治(既注済)によって、

 

相見ざる幾年へぬる君ならむ肱細うして寄るにえたえぬ

 

と朱をいれられて載る。但し、直後に、

  原作の五句、「泣くにえたへぬ」。

という注記を附して斧正であることが示されてもある(太字「泣く」は底本では傍点「△」)。

六首目「魂は人にむくろは我に露ながら夏野の夢のなごり碎くる」の歌の後に、

  悲思哀調。

  又云。原作の三句「歸りきて」「太古さながら」とありき。

と、選者服部躬治の選評がある。この記載に基づいて別稿を復元しておく。

 

魂は人にむくろは我に歸りきて夏野の夢のなごり碎くる

 

魂は人にむくろは我に太古さながら夏野の夢のなごり碎くる

 

私は個人的は「歸りきて」が好みである。

『文庫』は明治二八(一八九五)年九月創刊の投稿文芸雑誌(明治四三(一九一〇)年八月終刊。通巻二四四冊)。明治二一(一八八八)年創刊の『少年園』から分かれた『少年文庫』が前身だが、小説・評論・詩・短歌・俳句などの新人育成の場として勢力を持つようになり、特に詩人や歌人にはこの雑誌を登龍門として後に一家をなした者の数は夥しい。『文庫派』の別称を持つ河井酔茗・伊良子清白・横瀬夜雨・塚原山百合(後の島木赤彦)らを初めとして北原白秋・窪田空穂・三木露風・川路柳虹らの大家を輩出した雑誌であった(ここは平凡社「世界大百科事典」に拠った)。]

« キリスト教の祕密 萩原朔太郎 | トップページ | 耳嚢 巻之八 剛氣朴質の人氣性の事 »