フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« きさまへ | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(35) 江の島稚児が淵 釈万庵 / 21 先哲の詩 了 »

2013/12/27

阿波根宏夫「涙」エンディング

 ただ僕はこの大きな停滞の中に溶け込んだ一つの物象になりさがるわけには行かないのだった。青年の力の前に屈服する自堕落な姿を、この僕が見るわけには行かなかった。僕は最後の力を絞りだした。
 と、はじけ飛ぶように青年の両手が離れた。僕の中にどよめきが起った。青年に勝ったと言う気持よりも、僕の存在感が保障されたのだという安心感であった。青年はホルマリンに負けたのだ。ホルマリンが青年を「物」にするのだ、決して僕自身が青年を「物」にするのではない、僕はただ仲介者に過ぎなかったのだ――だが僕は無性にうれしかった。僕はやっとのことで支配者の地位を確保できたと信じ続けた。これからもそう信じてホルマリン注入をやるだろう。そうして「物」をなにげなく造って行くに違いない。
 青年は「物」になる寸前の、すさまじい痙攣を起して、こんじきいろの輝きを放ちながら、しかし、むなしく鷲手で虚空を摑んでいた。
 と、突然、青年のかたくなに閉じた右の瞼を押しのけて、一筋の涙が頰を滑った。その涙がふたすじに分れる前に、左眼の瞼もじっとりと濡れそぼり、しだいに溢れ、ヒクヒクふるえながら流れ落ちていった。

(阿波根宏夫作品集「涙・街」(1979年構想社刊)の「涙」の掉尾である――「涙」は昭和38(1963)年第一回日本大学新聞社懸賞小説入選、総長賞受賞作品である――審査委員は進藤純孝・野間宏・埴谷雄高・安岡章太郎の四人であった――応募作品総数141篇中、「涙」はずば抜けているとして満場一致で決まったという――選考座談会の記録。――埴谷「大江君と、倉橋君とは一篇目はわからなかった。遜色ない」――進藤「作者の心がけが高い」――野間「本当に文学の味がします」――安岡「これぐらいしっかりしたものは、やはりチャンスがなければ書けません」(以上は同書巻末の浜田豊氏の手になる年譜に拠った)――僕がこの新刊本を読んだのは教師になったその年の夏であった――僕はこの小説と、特に「二重体(ダブル・モンスター)」に激しい衝撃を受けた――「涙」は僕に、脆弱で似非哲学を開陳した如何にもな猥雑な死体小説たる大江健三郎の「死者の奢り」なんぞよりも遙かに鮮烈凄絶な、恐るべきリアリズムの衝撃を齎した――作者は医師であった――昭和53(1978)年にガス・ストーブの不完全燃焼による不慮の事故により三十九歳で亡くなっている――遺体の青年は僕である――僕は献体している――僕はいつか、阿波根宏夫論を書かねばならないと思っている――…………)

« きさまへ | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(35) 江の島稚児が淵 釈万庵 / 21 先哲の詩 了 »