フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 赤ん坊が わらふ  八木重吉 | トップページ | 萩原朔太郎 短歌七首 明治三六(一九〇三)年八月 »

2013/12/23

キリスト教の祕密 萩原朔太郎

  キリスト教の祕密

 

「お父さんなぜお酒を飮むの?」

と、いつも晩酌の時に子供が言ふ。この女の兒は、生れつき少し痴呆で、低能兒の居る特殊學校に入園し、メソヂストのキリスト教を信仰してゐる。それで酒を飮むことが、神の教に背いた惡事だと教へられてる。子供は泣きながら私の手から盃を奪つて言ふ。

「お父さん。なぜお酒を飮むの?」

 心の中で泣きながら、私もそれに答へて言ふ。

「それはね。僕にはいろいろな惱みがあるからさ。」

「ではなぜお祈りをしないの。マリア樣にお祈りなさいね。お父さん!」

 この子供の言葉を聞く毎に、私はキリスト教といふ不思議な宗教の、眞の祕密なエスプリに觸れた思ひがする。大道の救世軍が、太鼓を叩いて禁酒運動の説教をするのを聞いて、私はいつもキリスト教といふ宗教が、いかに馬鹿馬鹿しいものかといふことを考へる。酒を飮むといふことが、何故神の道に背いた惡事なのか、いかにしても私の理性には了解できないことなのである。だがその同じ言葉が、白痴の子供の口から出る時、初めてよく了解されたやうに思ふ。

 キリスト教といふ宗教は、ヒユーマニチイの最も純潔なイデーを求めて、絶えず葛藤し續けてる宗教なのだ。それは白百合の潔白さにも、童貞の美しさにも、處女の純潔さにも譬へられる。だがもつと本願的に祕奧のものは、白痴の子供に聖靈されてるエスプリなのだ。ドストイエフスキイもそれを書いたし、辻野久憲もそれを言つたし、山岸外史もそれを見たし、ヱルレーヌやボードレエルも、抒情詩の韻律でそれを歌つた。

 キリスト教に對比して、私はいつも佛教のことを考へる。教理の深遠さから言へば、この二つの宗教は比較にならない。ショーペンハウエルが揶揄したやうに、キリスト教でもつて佛教の教理に當らうと考へるのは、卵を岩石に投げるやうなものである。新井白石が、葡萄牙人の傳道師に面接し、初めてキリスト教の概念を聞いた時、その神話の荒唐無稽さと、その教理の非論理極まる馬鹿馬鹿しさに啞然とし、これがかの大智識と大科學を所有するところの、地球第一の理性人たる西歐人の宗教とは、いかにしても考へることができないと言つて不思議がつた。佛教の教理は、すくなくとも或る本質の點に於て、今日最高の發達をした科學や哲學と矛盾なくして對抗し得る。だが今日の常識から見ても、キリスト教は素朴な子供臭いお伽話にしかすぎないのである。

 だがそれにもかかはらず、キリスト教には不思議に深遠祕密なエスプリがある。それは大乘佛教の全哲學系統を以てしても、解決のできないユニイクの不思議である。たしかにキリスト教は、宗教の本質點に於て佛教とちがつて居る。だれにも直覺的に解ることは、佛教が「苦勞人の宗教」なのに對し、キリスト教が無垢な「青年の宗教」だといふことである。人生の多くの經驗と苦勞を味ひ、煩惱地獄と業火を經た中年者に取つて、釋迦の教はこの上もない救ひを與へる。だがキリスト教は、童貞處女の純潔さを持つた無垢の靑年にのみ、眞實の信仰が會得される。そこでキリスト教の純のイデーは、結局ムイシユキン公爵や、ヱルレーヌのやうな人人、魂の蕊から無垢で、全然世俗の常識を缺いた白痴(永遠の子供)に歸するといふことになるのだらう。反對に佛教の墮落した象徴は、苦勞人の世俗的な功利性になるかも知れない。キリスト教徒の純潔さに比して、佛教の墜落した僧侶等が、著るしく卑俗的に見えるのも當然である。マルチン・ルーテルの宗教革命は、羅馬教會の僧侶たちが、功利的に世俗化し、あまりに苦勞人化したことに對する反撃だつた。そしてその時には、事實上にキリスト教が佛教化してゐたのである。日本に來たヂエスイツト派のカトリツク教は、その爲に或る時期まで、巧みに佛教としてカモフラーヂし得た。

 

[やぶちゃん注:『こをとろ』昭和一四(一九三九)年四月号に掲載された。初出形は誤植が多く、本文は筑摩書房版全集第十一巻の校訂本文に拠った。本文中には「痴呆」「低能兒」「特殊學校」「白痴の兒」等の幾つかの現在は用いるべきでない差別的言辞が用られているので、そうした意識への批判的視点を忘れずにお読み戴きたい。

「女の兒」次女明子(あきらこ)。ウィキ萩原朔太郎」に『最初の離婚にまつわる家庭内のいざこざが原因で次女に知的障害が残』ったとする。

「メソヂスト」“Methodists”はプロテスタントの一派。一七二八年にウェスリーらがオックスフォードで組織したホーリー・クラブによる信仰覚醒運動に始まる。一七九五年には正式にイギリス国教会から分立、米国を中心として全世界に広まった。明治六(一八七三)年に日本に伝来した。同派の特徴的傾向である几帳面な生活様式や禁酒禁煙は創立者ウェスリーの厳格なピューリタン的性格に基づく部分が大きい。

「辻野久憲」(明治四二(一九〇九)年~昭和一二(一九三七)年)は翻訳家・評論家。福井県舞鶴生。第三高等学校から東京帝国大学仏文科卒。『詩・現実』に参加した。昭和五(一九三〇)年から翌年にかけて伊藤整・永松定とジョイスの「ユリシーズ」を共訳した人物として知られる。第一書房『セルパン』編集長、第二次『四季』同人。受洗して二十七歳で死去した(以上はウィキ辻野久憲」に拠った)。

「ヂエスイツト派」“Jesuit”はイエズス会(Society of Jesus)のこと。一五三四年にスペインのイグナティウス=デ=ロヨラが六名の同志と結成、一五四〇年に教皇の認可を受けたカトリック男子修道会。清貧・貞潔・同志的結合を重んじて布教・教育に力を注ぎ、同会士フランシスコ・ザビエルが天文一八(一五四九)年に日本に初めてキリスト教を伝えた。耶蘇会。]

« 赤ん坊が わらふ  八木重吉 | トップページ | 萩原朔太郎 短歌七首 明治三六(一九〇三)年八月 »