フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 41 大森貝塚出土の土器三種 | トップページ | 鬼城句集 冬之部 蕎麥湯 »

2014/01/08

博物学古記録翻刻訳注 ■10 鈴木経勲「南洋探検実記」に現われたるパロロ Palola siciliensis の記載

■10 鈴木経勲「南洋探検実記」に現われたるパロロ Palola siciliensis の記載

 

[やぶちゃん注:私は先に本プロジェクトの「■9 “JAPAN DAY BY DAY” BY EDWARD S. MORSE  “CHAPTER XII YEZO, THE NORTHERN ISLAND に現われたるエラコの記載」でゴカイ食について述べた中で、サモアなどの西太平洋域に於いて多毛綱イソメ科の太平洋パロロ(Palola siciliensis 英名 Pacific palolo)を食用とすることを述べ(信じ難い方のために個人ブログ r-kimura 氏の「~最後の楽園 サモアの国へ~青年海外協力隊」の「サモアの珍“パロロ”解禁!」をリンクもさせてある)、またつい先日アップした「生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 五 分裂 ゴカの横分裂」の注のなかでもそのことを掲げた。特に後者の論考の中で、荒俣宏氏の「世界大博物図鑑別巻2 水生無脊椎動物」の「イソメ」に記されてある鈴木経勲著「南洋探検実記」のパロロ食を引用した際、当該原本を『国立国会図書館のデジタル化資料で閲覧出来ることが分かったので近日中にこの部分を電子化して追加したく思っている』と述べた。そこに挿入されている原画の使用許可も国立国会図書館から受けたので、以下に電子化する。

 本邦最初の本格的な南方探検家であった鈴木経勲(つねのり(けいくん) 嘉永六(一八五四)年~昭和一三(一九三八)年)は江戸生。土佐出身の武州川島鈴木氏に養子に入った幕臣の父を持った。昌平坂学問所で学んだ後、幕府陸軍語学所でフランス語を学んだ。維新後は静岡に移ったが、明治九(一八七六)年、二十二歳の時、生活のためにラッコ密漁船に乗り込んだ後、逆に密漁取締策を建策して二年後の明治一一(一八七八)年に外務省に雇われ、明治一五(一八八二)年にマーシャル諸島ラリック列島のラエー環礁に漂着した日本人船員が現地人に殺害される事件が起こった際、初めて後藤猛太郎(たけたろう 文久三(一八六三)年~大正二(一九一三)年)は彼と並ぶ南洋探検家で後に日本活動フィルム会社(現在の日活の前身)の初代社長となった。後藤象二郎二男。貴族院議員。伯爵。自らを「天下のならず者」と称した傑物。)とともに南洋行きを命ぜられている。翌年、イギリスの捕鯨船エーダ号で同地に乗り込み、事件を解決するが、その後、独断でマーシャル諸島の領有を企図して日章旗を掲揚したことが外務卿井上馨の怒りを買った(翌明治十七年にこの日章旗を取り外すために再度マーシャル諸島に赴いている)。明治一九(一八八六)年に外務省を退官。井上から与えられた忠信丸で南洋探検を行うが船を失い、その後何度か南洋の島の占領を建策するが入れられなかったという。明治二十二年には軍艦金剛の練習航海に同乗してハワイ・サモアを訪問、明治二三(一八九〇)年、田口卯吉の南洋商会に参加して天佑丸のミクロネシア貿易巡航に同行、それらの経験をもとに明治二五(一八九二)年に本書「南洋探検実記」(博文館刊)及び翌年に「南島巡航記」「南洋風物誌」を著した。明治二七(一八九四)年の日清戦争に際しては従軍記者となって「平壌大激戦実見録」を出版、その後は陸軍のために対ロシアの密偵として働いたとされている。後、保険会社に勤めた(以上はウィキの「鈴木経勲」及びその同リンク先に拠った。なお、後藤猛太郎については「安楽椅子探検家のヴァーチャル書斎」の「南洋の酋長を拉致した後藤猛太郎」も必読。無論、鈴木経勲も登場する)。

 底本は国立国会図書館ホームページ内デジタル化資料の明治二五(一八九二)年博文館刊の「南洋探検実記」の「ヒージー島の部」の当該箇所の画像(170及び171コマ目)を視認してタイプし、挿絵の現画像を挿入した。この現画像を含むコマは国立国会図書館より使用許諾を受けている(許諾通知番号国図電1301044-1-5702号)。なお、底本の「バロヽビリデス」等の誤りと思われるもの忠実に再現した。但し、草書体表記や約物は正字平仮名に直し、繰り返し記号の「ヽ」「ヾ」は「ゝ」「ゞ」に直し、「〱」は正字化した。異体字の漢字でユニコード表記が出来ないものは最も近いと考える正字を用いた。ルビは後に( )で同ポイントで示した。下線は底本では右傍線である。誤植と思われる。後に簡単な注を附した。

 最後に、「生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 五 分裂 ゴカイの横分裂」の注で引用した荒俣宏氏の「世界大博物図鑑別巻2 水生無脊椎動物」の「イソメ」の本記事の要約記載部分を再掲しておく(ピリオド・コンマを句読点に代えた。「バロロビリテス」の「バ」には荒俣氏の附したママ注記代わりの傍点「・」が上に附されてある)。

   《引用開始》

 鈴木経勲〈南洋探検実記〉によれば、フィジー島では毎年1回、11月15日になると、〈バロロビリテス〉という海生の奇虫が海の表面に一群となって浮び上がる。現地人はこぞって船を駆って海に出て、この虫を捕獲する。それらを塩漬にして蓄え、祝典用の料理にするという。これはイソメ科の1種パロロ Palola siciliensis である。正確にいえば、毎年2回、早朝に体の後半部が切り離され泳ぎだしたパロロが、水中で生殖を行なうときの奇観である。ちなみに、これを食べた経勲は、淡白で塩味と磯の香りを合わせもったその味はナマコのようで、酒の肴(さかな)などにすれば絶好の珍味であろう、と報告している。なお、この切り離された部分のみをパロロとよぶこともある。

 日本でも日本パロロ(英名 Japanese palolo)の遊泳が見られるが、こちらはイトメ Tylorrhynchus heterochetus の生殖時浮上であり、イソメのなかまではなくゴカイ科 Nereidae に属する生物の活動である。

   《引用終了》
以下、やっと本文を示す。]

 

バロヽビリデス
[やぶちゃん注:以上は頭書。ママであるが、画像を拡大しても判別がし難く、「ビ」は「ピ」のようにも見えるが、後の注で述べるように、これは「ビ」でなくてはならない。荒俣宏氏の「世界大博物図鑑別巻2 水生無脊椎動物」でも「ビ」である。]

 

レバ港に一奇蟲あり其の名を「バロヽビリデス」と云ふ該虫(がいちゆう)は同港の中に生息すれども平時之を見し人なく又漁具(ぎよぐ)等に罹(かゝ)りたることなし只(たゞ)年々(ねんねん)一度(いちど)即ち十一月十五日の朝(あさ)より晩に至る迄海上(かいじやう)に浮游(ふいう)するものにして土人は之を採り鹽漬(しほづけ)にして貯蓄(ちよちく)し以て祝祭日(しゆくさいじつ)の料理(れうり)に充つるなり祝典(しゆくてん)に際し若し該虫を料理(れうり)の内に欠くときは其の禮式(れいしき)を欠くと同一に當るの習ひなれば土人は該虫を貯(たくは)ふるに心を用ふこと殆んど我國(わがくに)の徃時に於ける端午(たんご)の菖蒲(しやうぶ)重九の菊花(きくくわ)等の如くせり其虫の形は我國(わがくに)の蚯蚓(みゝず)の如くにして只其(その)頭部(とうぶ)と尾端(びたん)は極めて細(ほそ)し其色は深綠色(しんりよくしよく)にして試に之を水中(すゐちう)に放てば其水も亦た綠色(りよくしよく)に變(へん)ずる程に綠汁(りよくじふ)を散(さん)ずるなり其味は海鼠(なまこ)の如く淡白(たんぱく)にして鹽味を帶び且つ磯臭(いそくさ)き匂ひを持てり惟ふに用ひなば至好の珍味(ちんみ)なるべし該島の土人は年月を數(かぞ)ふることを知らざるを以て新月を見る毎(ごと)に之を數へ十一ケ月目に至れば夜に月光(げつくわう)を見て此虫の浮き立つ當日(たうじつ)を卜知(ぼくち)し其日に至れば拂暁(ふつぎやう)に獨木舟(まるきぶね)に乘り各々器具(きぐ)を携帶(けいたい)して海上(かいじやう)に出で以て虫の浮び出るを待つ其虫の浮び出るや殆ど靑天(せいてん)に片雲(へんうん)の浮ぶが如く此に一群(いちぐん)彼に一群と浮流(ふりう)する所を網して船に取入るなり其群(そのぐん)の大なる者は五十メートル四方(しはう)もあるものありて當日全島の土人が其群を遂(お)ふて之を漁するを見る亦一奇觀(きくわん)なりと云ふ

Palola

第五十一圖バロヽビリデス

[やぶちゃん注:当該頁上部にあるパロロ成体(上部)及びその分裂個虫(下部)と思しい挿絵画像(国立国会図書館許諾済・通知番号国図電1301044-1-5703号)]

 

[やぶちゃん注:「バロヽビリデス」本州中部以南からインド洋・西太平洋・地中海・大西洋に広く分布している環形動物門 Annelida 多毛綱 Polychaeta イソメ目 Eunicida イソメ上科 Eunicoidea イソメ科 Eunicidae パロロ属パロロ Palola siciliensis  Grube, 1840、別名太平洋パロロである。鈴木の記載にある「バロヽ」は「パロロ」の誤認(現地音若しくは鈴木に本種の名を伝えた者の発音が微妙で、「パ」と「バ」は区別し難かったのかも知れない)としても、種小名らしき部分は不審である。「WoRMS - World Register of Marine Species - Palola siciliensis (Grube, 1840)を見ると、シノニム・データ他には、

 Eunice adriatica Schmarda, 1861 (subjective synonym)

 Eunice siciliensis Grube, 1840 (objective synonym)

 Nereidonta paretti Blainville, 1828

 Palolo siciliensis (Grube, 1840) (misspelling)

とあるが、他の記載の綴りを見ても「ビリデス」に相当するものは見当たらない。ところが「ビリデス」はラテン語の“virides”(ヴィリデス)であり、これは「緑色をした」という意であるから、パロロの体色をよく表しており、強ちいい加減な謂いではないことが分かる。恐らくは、相応な学識を持った博物学者(フィジーは長く英国領であったからイギリス人であった可能性が強いか。但し、最初に上陸したのはオランダ東インド会社所属のオランダ人探検家タスマン(一六四三年)で、その百三十一年後の一七七四年にイギリス人探検家クックが再上陸してイギリス植民地となっている)がかく呼称したものとも推測される。識者の御教授を乞うものである。

「年々一度即ち十一月十五日の朝より晩に至る迄海上に浮游するものにして」「工房"もちゃむら"の何でも研究室」のドラえまん・柴田康平氏のサイト「ミミズあれこれ」の中の「(3)月とミミズ 月の満ち欠けでミミズが現するメカニズムを考える」は本種の説明を含むネット上の記載としては最も正確で纏まったものと私は考えているが、そこに今島実著「環形動物多毛類」(生物研究社一九九六年刊)からの引用が示されている。私は当該書を所持しないので孫引きさせて戴くと、

   《引用開始》

 多毛綱ゴカイ科の環形動物で、生殖のために遊泳する生殖型個体のうち日本にいるものをバチという。ウキコ、ヒル、エバともいう。イトメのバチを日本パロロ(英名 Japanese palolo)ともいう。イトメは、砂泥中で生活している個体が成熟してくると、10~11月の大潮の夜に雌雄の体の前方1/3がちぎれ、生殖物(雄は精子を、雌は緑色の卵)を充満させて泳ぎだし、生殖群泳する。

 その他のゴカイの生殖時期は種によって異なり、新月後と満月後の数日間に大きな群泳が見られるが、月齢、潮位、天候などに大きく影響をうける。

 また、イソメ(多毛綱イソメ科 Eunicidae に属する環形動物の総称)は、日本ではイワムシ、オニイソメなど19種が知られている。

 Palola siciliensis は本州中部より熱帯域のサンゴ礁にすむが、生殖時期になると大量の生殖型個体が群泳。サモア、フィジー、ギルバート諸島では毎年10月と11月の満月から8日目と9日目の日の出前の1~2時間に生殖群泳をする。泳ぎだす部分は体の後方の3/4くらいで、泳ぎながら生殖が行われる。このように生殖群泳する虫を太平洋パロロという。

 大西洋でも西インド諸島で E. schemacephala が7月に生殖群泳をするが、 これを大西洋パロロと呼んでいる。

   《引用終了》

とある。これによって鈴木の記載の、生殖群泳が「年々一度」と云う部分及びそれが太陰暦での「十一月十五日の朝より晩に至る」一回だけであるという部分は生物学的には厳密ではなく不完全であることが分かる(但し、個人ブログ r-kimura 氏の「~最後の楽園 サモアの国へ~青年海外協力隊」の「サモアの珍味“パロロ”解禁!」には、サモアのケースではあるが、『これまた不思議なのですが、パロロが捕獲できるのは決まってサバイイ島が先で10月、ウポル島が後で11月だそうです』という記載があり、鈴木の体験したフィジーでもそうであったものか、若しくは十月にも生殖群泳は起こるものの、その際には採取をしない、禁忌としていたのだとすれば、強ちこれは誤りとは言えないことになる)。なお、同ページでは直後に柴田氏は『別の資料では、フロリダ地方の浅海底に生息するイソメ科の Eunice fucata は6月下旬から7月下旬の下弦の月のころに生殖群泳を行い,これは大西洋パロロ palolo という』とも附記しておられる。

「レバ港」この位置同定に戸惑ったが、他の部分の記載を見ると、これはどうも現在のフィジー共和国の首都であるビティレブ島のスバの港を指しているものと判断する。鈴木は他の箇所で「スバ」とも書いているのであるが、どうも「レバ」という別な町があるようには思われないからである(旧首都(一八八二年にスバに移転。鈴木のフィジー訪問は一八九〇年)であった「レブカ」があるが、これはビティレブ島の東北洋上に浮ぶ小さな島で前後の内陸探検の叙述からするとどうも違うし、「レブカ」の場合は「レブカ」とちゃんと表記している)。この「スバ」「レバ」の表記違いは或いは単なる誤植なのかも知れない。万一誤りである場合は、御指摘を乞うものである。

「土人は之を採り鹽漬にして貯蓄し以て祝祭日の料理に充つるなり祝典に際し若し該虫を料理の内に欠くときは其の禮式を欠くと同一に當るの習ひ」本パロロが塩蔵の保存食であると同時に、本来は祝祭に用いるハレの特別な祭祀食であったことが窺われる記載である。

「其色は深綠色にして試に之を水中に放てば其水も亦た綠色に變ずる程に綠汁を散ずるなり」という部分は、本種の成体個虫に人が手で触れたり、何らかの刺激が加えられたりした場合には、緑色の体液を放出という記載である。このような生態は管見し得たパロロの記載の中には見当たらないが、事実とすれば大変興味深い現象と言える。パロロの生態にお詳しい方の御教授を乞うものである。

「其味は海鼠の如く淡白にして鹽味を帶び且つ磯臭き匂ひを持てり」先の「サモアの珍味“パロロ”解禁!」がネット上での実際のパロロ食を美事に伝えて呉れているのであるが、食味については、『バターで炒めるのが定番らしい。海水の塩味が効いていて意外とうまい』とあり、生食(私の知る本邦のゴカイ食その他の知見から言うと可能である。リンク先でも『その場でムシャムシャと手づかみで頬張り始めるサモア人もいるとか』という伝聞を記しておられる)や塩蔵品そのもの素(す)の味については述べられていない。なお、このブログ記事では採取に関わる記述が実に豊富で必見なのであるが、そこにはその採取直後(?)のボールに入った写真を掲げ、『色は青みがかった緑で』、体長は四〇センチメートルもある一方、直径は一~一・五センチメートルの細長いもので、『モズクのようにも見えますが、どちらかというとやはり海のミミズです』と描写され、また『一説によると日の出とともに力尽きて融けてしまう(?)という噂もあるので、明け方前のまだ暗いうちに捕獲しないといけません。(明け方には確実になくなっているらしい)』ともある。

「惟ふに」「おもふに」と読む。思うに。

「該島の土人は年月を數ふることを知らざるを以て新月を見る毎に之を數へ十一ケ月目に至れば夜に月光を見て此虫の浮き立つ當日を卜知し」……これは「年月を數ふることを知ら」ないとは言えませんよ、鈴木さん、これは立派な月の暦ではありませんか。あなたはどうも「土人」を馬鹿にしていますね。……まあ、日の丸勝手に立てちゃう人だからねぇ……

「器具」先の「サモアの珍味“パロ”解禁!」には、『サモア人もこの時期になると、夜中の3時頃からボートで沖へ出たり、服のまま浜からサンゴの海へ繰り出していって、すくい網とバケツを使ったり蚊帳を放り投げて海一面にウヨウヨしているパロロを一斉に捕獲』し、その際には『体にもいっぱい付着するらしく、考えただけで気持ち悪い!でもやってみたい~!!』と記されておられ、少なくとも現在の採集法が彷彿とする。浅いイノーでの採取とかなり目の細かいネットを用いた採取直後の参考写真もすこぶる興味深い。是非ご覧あれ! 因みにそこには『早朝にマーケットへ行けば買うこともできますが、昔と違って商売根性が出てきた今の時代は非常に高値で売買されているようです。(片手いっぱいで100タラ=約3500円。サモア人の平均月収の約1割に相当)』とも記されてある。

 以上、多くの引用をさせて戴いた個人ブログ r-kimura 氏の「~最後の楽園 サモアの国へ~青年海外協力隊」様には、この場を借りて改めて感謝申し上げたい。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 41 大森貝塚出土の土器三種 | トップページ | 鬼城句集 冬之部 蕎麥湯 »