フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夜 萩原朔太郎 | トップページ | 耳嚢 巻之八 肴の尖不立呪文の事 »

2014/01/04

橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 國境安別

  國境安別

 

霧の港北緯五十度なり着きぬ

 

船航(ゆ)く港といへども蕗繁り

 

樺を焚きわれ等迎ふる夏爐かな

 

フレツプの涯なき野に雲流れ

 

フレツプの實はほろにがし野に食ぶ

 

[やぶちゃん注:本句群は本句集巻頭昭和以前の注で示した、十年前の大正一四(一九二五)年の七月末より八月にかけて約二週間、鉄道省主催の「樺太・北海道旅行」に身重の身で夫とともに参加、客船高麗丸で安別・敷香・海豹島等に旅した折り(旅当時の多佳子は二十六歳であった)を、追懐した回想吟である。

「フレツプ」双子葉植物綱ビワモドキ亜綱ツツジ目ツツジ科スノキ属コケモモ Vaccinium vitis-idaea。フレップとは英語ではなく(コケモモ類の英名は“cowberry”“lingonberry”)、アイヌ語で「赤いもの」を意味する本邦北海道以北でのコケモモの呼称である。ウィキコケモモ」によれば『果実は非常に酸味が強いため、通常は砂糖などで甘みを加えて調理し、ジャムやコンポート(砂糖煮)、ジュース、シロップなどとして食用にする。コケモモのコンポートは肉料理の添え物とすることがある』とある。麝香鹿(じゃこしか)爺さんのブログ「昭和ひとケタ樺太生まれ」のフレップコケモモ)の実に『樺太の代名詞にも使われるほど樺太には沢山自生し秋の野は赤く染まった』、『実は甘酸っぱく、お土産品としてフレップワイン・ジャム・ソーダ・羊羹などがあった』とあり(アイヌ語源記載もこちらを参照した)、また、「私の花物語のページ」の第二回の三土とみ子フレップ(こけもも)の頁に、かつてのサハリン(樺太)での追懐とともに印象的にフレップのことが語られてある。なお、言わずもがなであるが、「食ぶ」は「たうぶ(とうぶ)」と訓ずる。]

« 夜 萩原朔太郎 | トップページ | 耳嚢 巻之八 肴の尖不立呪文の事 »