フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 靑いゆき 萩原朔太郎 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 40 明治一〇(一八七七)年十月九日 火曜日 大森貝塚本格発掘 »

2014/01/07

橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 櫓山日記

 櫓山日記

 

山莊やわが來て葛に夜々燈す

 

花葛の濃きむらさきも簾(す)をへだつ

 

ひぐらしや絨毯靑く山に住む

 

[やぶちゃん注:「櫓山」は小倉市中原(なかばる。現在の小倉北区中井浜)にあった夫豊次郎自ら設計建築になるが大正九(一九二〇)年に完成した三階建和洋折衷西洋館櫓山荘のこと。堀内薫氏の底本年譜によれば、この櫓山(やぐらやま)と呼ばれた小山は『旧藩時代に、小倉の小笠原藩の黒船見張所として櫓が建てられた御番所跡で』、『海に突き出た岩礁を「境岬」、その近くを流れる川を「境川」とい』い、『海岸に突き出た丘の上に建つ櫓山荘の居間の窓から海原が展望出来』た。『玄海の波濤が近くまで押し寄せ、東方に響灘、関門海峡、前方に巌流島、彦島、六連』(むつれ)の島々『が見える』という絶景の地にあった。『どの階の窓も大きくて』(下記リンク先の当時の写真で確認出来る)、『ステンドグラスに趣向をこらして』あった。『このステンドグラスも、玄関の白と濃い茶の市松模様の敷石も全て英国からの特別注文』製で、『庭にはテニスコート』もあるという、驚くべきオリジナリティに富んだモダンな別荘で、『ロマンチスト豊次郎の自画像とも言うべき個性ある夢多い建築だった』とある(残念ながら建物は現存しない)。なお、山荘の方は「ろざんそう」と読む。但し、この頃は夫の父橋本料左衛門(大阪橋本組創立者)の逝去に伴って小倉から大阪帝塚山(てづかやま)に転居しており(昭和四(一九二九)年十一月)、ここはその後、昭和一四(一九三九)年まで別荘として使用していた(その間に昭和一二(一九三七)年の豊次郎の死去を挟む)。北家登巳氏のサイト「北九州のあれこれ」の「櫓山荘跡」は豊富な現在の画像とともに洒落たロマンティクなかつての櫓山荘の面影が詳しく載る。必見必読である。]

« 靑いゆき 萩原朔太郎 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 40 明治一〇(一八七七)年十月九日 火曜日 大森貝塚本格発掘 »