フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 4-2 花曇 | トップページ | 民衆の正義とは? 萩原朔太郎 (初出形) »

2014/01/14

ゑかたびら 萩原朔太郎短歌十二首 明治三八(一九〇五)年七月

   ゑかたびら

 

山ずみの一人ありて文きぬと、封をし切らばたちばなこぼれむ。

 

通夜(つや)の夜を燈灯(ともしび)かこむ物語、欠伸(あくび)かはゆき子の姿かな。

 

夏の日や、簾あまねくたれこめて、凉しと書きぬまづやる文へ。

 

ほとゝぎす、梅雨(さみだれ)ばれの白日や、大河流るゝ音きゝ居れば。

 

さつきやみ烟たなびく暮れ方を、夢のようにて人に添ふみち。

 

大坂やわれ小なうて伯母上が、肩にすがりし木遣り街かな。

 

花やかに、かんてら燭(とも)すえん日を、二人いづれば月のぼりけり。

 

山百合の一輪うえて人まつと、まつり日いでし好(よ)きあにびとよ。

 

梅雨(つゆ)ばれの柳色ます門邊をば、草笛ふきて君よぎりぬと。

 

山吹の垣根つくりてある夕、少女すむ家と仲へだてけり。

 

夕月や橋の袂に衣白き、人と別れぬ山百合のはな。

 

さくら貝、ふたつ重ねて海の趣味、いづれ深しと笑み問(と)はれけり。

 

[やぶちゃん注:前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十二号(明治三八(一九〇五)年七月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された「ゑかたびら」と題する十二首連作。当時、朔太郎満十八歳。

 五首目「夢のように」はママ。

 六首目「小なうて」は「をさなうて」と読む(後注参照)。底本改訂本文では「幼なうて」と『訂正』するが採らない。

 八首目「うえて」はママ。

 十一首目「袂」はママ。

 このうち、六首目「大坂や」と掉尾「さくら貝」の二首は、後に見るように第六高等学校『校友会誌』(明治四一(一九〇八)年十二月号)に、「美棹」署名で「水市覺有秋」の題の七首の中にに配されて、それぞれ(順序は逆転されている)、

 

大坂やわれをさなうて伯母上が肩にすがりし木遣(きやり)街かな

 

櫻貝二つ竝べて海の趣味いづれ深しと笑み問はれけり

 

と改稿されている。以前にも「さくら貝」の短歌を単独で挙げた際にも述べたが、短歌を解さない私ではあるが――であるが故に――この一首は断然、この初出形の方が美しい。]

« 杉田久女句集 4-2 花曇 | トップページ | 民衆の正義とは? 萩原朔太郎 (初出形) »