フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 十二月二十日 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 海鹿 »

2014/01/31

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 7 加賀屋敷――十年前との様変わり

 屋敷の内で、私の家から一ロッドもへだたっていない所に、井戸と石の碑とがある。後者は竹の垣根にかこまれ、廃頽して了っている。屋敷のあちらこちらには、垣根にかこまれた井戸や、以前は何等かの庭の美しい特色であった高い丘や、その他、昔加賀公が何千人という家来をつれて、毎年江戸の将軍を訪問した時の、大きな居住地の証跡がある。今から十年にもならぬ前には、将軍が権力を持っており、この屋敷を初め市中の多くの屋敷が、家来や工匠や下僕の住む家々で充ち、そして六時には誰しも、門の内にいなくてはならなかったのだ、ということは、容易に理解出来ない。外国人は江戸に住むことを許されなかった。また外国の政府の高官にあらずんば、江戸を訪れることも出来なかった。然るに今や我々は、この都会を、護衛もなしに歩き廻り、そして一向いじめられもしない。

[やぶちゃん注:「一ロッド」底本では直下に石川氏の『〔三間たらず〕』という割注がある。「ロッド」(rod)はポール(pole)・パーチ(perch)とともにヤード・ポンド法における長さの単位。かくも複数の名称があるがどれも同じ長さで16・5フィートである。イギリスではフィートとして国際フィート(正確に0.3048メートル)を用いるので、1ロッドは正確に 5.0292メートルである。これに対してアメリカでは、ロッドは公式には測量フィート(正確に1200/3937メートル=約0.305メートル)に基づく単位であるので、1ロッドは約5.02メートルである。ロッド・ポール・パーチはどれも元は竿や杖などの棒状のもので測量のために用いた棒(日本でいう「間竿(けんざお)」)の長さに由来する。かつては、4分の1チェーンの長さの金属製の棒が土地の測量に用いられていた。「ロッド」は、カヌーの分野では今でも用いられているが、これはカヌーの長さがほぼ1ロッドであるためである(以上はウィキの「ロッド(単位)に拠る)。

「今や我々は、この都会を、護衛もなしに歩き廻り」既注であるが、モースらお雇い外国人の特権であって、総ての外国人がそうであったわけではないことに注意。第八章 東京に於る生活 5 第一回内国勧業博覧会で(1)」及び第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所 5 附江の島臨海実験所の同定などを参照のこと。]

« 中島敦 南洋日記 十二月二十日 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 海鹿 »