フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 國境安別 | トップページ | なみ音の古き嘆きぞ身には沁むロタのチャモロが奧津城どころ 中島敦 »

2014/01/04

耳嚢 巻之八 肴の尖不立呪文の事

 肴の尖不立呪文の事

 或(人の)語りけるは、魚肴(うをさかな)に不限(かぎらず)、尖(とげ)の不立(たたず)、またたち候ても拔(ぬく)る呪(まじなひ)成(なり)とて、トウキセウコン萬物一體、かく唱ふれば奇驗有(あり)と傳授なしけり。

□やぶちゃん注
○前項連関:なし。呪(まじな)いシリーズ。そういゃ、私は小学校二年の夏休み、客の残して行った鮨の海老の尻尾を齧って飲み込んだ途端、尻尾の棘が美事、咽頭部にブッスリと刺さって、いっかな、抜けず、翌日、母に連れられて歯医者さんで抜いて貰ったのを思い出した。……何故、そんなことを覚えてるかって? だってその術式を僕はしっかり絵日記に記していて、今もそれがこの書斎にあるんだもん。
・「肴の尖不立呪文の事」は「さかなのとげたたざるじゆもんのこと」と読む。
・「魚肴」「魚」が狭義の「さかな」、魚類を指すのに対し、後者の「肴」は酒や主食である飯に添えるところの「さかな」、魚肉・鶏肉・獣肉及び貝や海鼠などの魚以外の魚介類・野菜根菜類を広く指す。
・「(人の)」の右には底本では尊經閣本による追補である旨の傍注がある。
・「トウキセウコン萬物一體」「トウキセウコン」は不詳。それらしい漢字が浮かばぬことはないが、ここはカタカナで真言紛いの雰囲気を添えたものか。

■やぶちゃん現代語訳

 魚の棘が立たぬようにする呪文の事

 或る人が語ったことには、
「魚(うお)や肴(さかな)に限らず、食うて棘が咽喉(のんど)なんどに立たぬようにする、また、立った場合でも容易に抜くる呪(まじな)いであると称して教え呉れた呪文、これあり。
 トウキセウコン萬物一體
と唱うれば、これ、絶妙なる効験、これ、御座る。」
とて、伝授なし呉れた。

« 橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 國境安別 | トップページ | なみ音の古き嘆きぞ身には沁むロタのチャモロが奧津城どころ 中島敦 »