フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 7 加賀屋敷――十年前との様変わり | トップページ | 鬼城句集 冬之部 狼 »

2014/01/31

大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 海鹿

【和品】

海鹿 海參ノ類ナリ色黑シ切レハ鮮血多クイツ形ヨリ血多シ煮テ食ス味厚シ峻補ノ性アルヘシ。ウミジカハ是筑紫ノ方言ナリ伊豆ノ大島ニテハ。ウミヤウジト云漢名未詳

〇やぶちゃんの書き下し文

【和品】

海鹿(〔うみじか〕) 海參〔なまこ〕の類なり。色、黑シ。切れば鮮血、多くいづ。形より血、多し。煮て食す。味、厚し。峻補〔しゆんほ〕の性あるべし。「うみじか」は是れ、筑紫〔つくし〕の方言なり。伊豆の大島にては、「うにやうじ」と云ふ。漢名、未だ詳らかならず。

[やぶちゃん注:「ウミヤウジ」は底本では「ウニヤウジ」にしか見えないが、「ウ」の下に微かに「ミ」の一画点らしきものが認められることと、大島の方言ではアメフラシの頭部の角状に突出する外套膜部分を「楊枝」に擬えたものか、現在でもアメフラシのことを「海楊枝」と呼称している事実(例えば三須哲也氏の「harborclub homepage」のこの「アメフラシ」の記載)から「ウミヤウジ」とした。なお、国立国会図書館蔵の同じ宝永六(一七〇九)年版の本箇所には手書きと思われる以下の記載が頭書として【和品】の上に四行で記されてある。

 東奥未看有此物

「東奥には未だ此の物有るを看ず」と訓ずるのであろうが、これは不審。アメフラシ( Aplysia kurodai )は東北以北でも普通に棲息する。

 「海鹿」は軟体動物門腹足綱異鰓上目後鰓目無楯亜目 Anaspidea に属するアメフラシの総称である。狭義にはアメフラシ科に属するアメフラシ、通称日本種アメフラシ Aplysia kurodai を指すが、我々がアメフラシと呼称した場合、広く前者の無楯類に属する種群を指していると考えた方がよい(生態や分類と多様な種群についてはウィキの「アメフラシ」を参照のこと)。なお他に私の電子テクスト栗本丹洲の「栗氏千蟲譜」巻八海鼠 附録 雨虎(海鹿)」の「海鹿」の項をも参照されたい。

「形より血、多し」とはアメフラシを突いたり、握ったりして刺激を与えた際、紫汁腺とよばれる器官から粘りのある紫色(種によっては白色や赤色)の液体を出すが、これが海水中では雨雲の如く広がって本体を隠すほどになることを言っている。この液体については現在、外敵に襲われた際の煙幕効果を持つと同時に、摂餌する海藻類に由来する液成分に外敵にとっての忌避物質を含むため、それ以上襲われなくなるという防衛効果をも持っているのではないかと考えられている。

「煮て食す。味、厚し」「厚し」というのは磯臭い濃厚な味がするということか。アメフラシ食は現在一般的ではないが、食す地方は現存する。これについては以前にブログの隠岐日記4付録 ♪知夫里島のアメフラシの食べ方♪で隠岐での調理法を紹介してあるので参照されたい。

「峻補」とは漢方で、不足しているものを補う補法の一つで専門的には補益力の強い薬物を用いて気血大虚或いは陰陽暴脱を治療する方法を指す。要は滋養強壮効果ということか。ウィキの「アメフラシ」には、本箇所を載せてこれを、下痢に効く、と解釈している。

「筑紫」筑紫国。現在の福岡県の東部(豊前国)を除いた大部分に相当する。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 7 加賀屋敷――十年前との様変わり | トップページ | 鬼城句集 冬之部 狼 »