フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 10 姉ゐねばおとなしき子やしやぼん玉 | トップページ | 疾病 萩原朔太郎 »

2014/01/15

ろべりや 萩原朔太郎 短歌七首 明治三八(一九〇五)年十二月

   ろべりや

 

共住(ともづみ)の好(このみ)少なき君にして六月植(う)ゑぬろべりやの花

 

夏花(なつばな)に趣(しゆ)ある小家(こいへ)の人なれば面影(おもかげ)に似し戀もする哉

 

振袖(ふりそで)の桔梗(きゝやう)の花の色(いろ)のよきなつかし人(びと)と涙もよほす

 

姉に似し女(をんな)も見たるその家に撫子(なでしこ)うゑむ京(きやう)ぶりにして

 

綾唄や或は牛の遠鳴(とほなき)や君待(ま)つ秋(あき)の野は更(ふ)けにけり

 

あはたゞし燒(も)ゆる焰(ほのほ)の火車(ひぐるま)を忘(わす)れて行(い)にしつらき君かな

 

御手(みて)そへて悲しみ給(たま)へ野かざるを戀(こひ)なき人の十九夏草

 

[やぶちゃん注:前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十三号(明治三八(一九〇五)年十二月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された七首連作。同号には他に後に掲げる三群からなる十九首が載る。当時、朔太郎満十九歳。

 「ろべりや」キキョウ目キキョウ科ミゾカクシ(溝隠)属 Lobeliaのロベリア・エリヌス Lobelia erinus、和名ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)及びその園芸品種をいう。南アフリカ原産の秋播きの一年草で、高さ二十センチメートルほどでマウンド状に広がる。四月から七月頃に青紫色の美しい花を咲かせ、花色は赤紫色やピンク・白色などがある。(weblio辞書の「植物図鑑」にあるロベリア・エリヌス瑠璃蝶草に拠った。画像はグーグル画像検索「Lobelia erinusも参照されたい)。

 一首目の「ともづみ」の読みはママ。

 五首目は、本初出では、

唄或は牛の遠鳴(とほなき)きや君待(ま)つ秋(あき)の野は更(ふ)けにけり

であるが、これでは音数がおかしく、しかもこれは先の『白虹』第一巻第四号(明治三八(一九〇五)年四月発行)に

綾唄やあるひは牛の遠鳴や、君まつ秋の野の更けにげり

(「けり」は初出では「げり」と誤植)と同歌稿であるから、かく訂した(底本全集校訂本文もこれを採る)。

 六首目の「あはたゞし」「燒(も)ゆる」はママ。これはやはり『白虹』第一巻第四号に載る、

あはた〻し燃ゆる災の火車を忘れていにしつらき君かな

(「災」は「炎」の誤植と思われる)と同歌稿である。

 七首目の「野かざるを」は意味不明。「野飾るを」か。にしても韻律がすこぶる悪い。]

« 杉田久女句集 10 姉ゐねばおとなしき子やしやぼん玉 | トップページ | 疾病 萩原朔太郎 »