フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 短歌二首 明治三九(一九〇六)年十一月 | トップページ | 耳嚢 巻之八 粂の平内兵衞の事 »

2014/01/22

中島敦 南洋日記 十二月七日――太平洋戦争勃発前日――

        十二月七日(日) 晴、暑し

 朝テニアン行のつもりにて用意をとゝのへ、小田電機に行くに、高里氏やめにするといふ。明日タロホホに行かんといふ。

 實業學校の國書室より本を借出して謹む。鏑木淸方「蘆の芽」山口剛「紙魚文學」を讀了。

[やぶちゃん注:「タロホホ」サイパン島中央部やや北寄りの東方の地名。当時は泉村とい日本名が附いていた。

『鏑木淸方「蘆の芽」』相模書房昭和一三(一九三八)年刊。明治の末頃からの風俗などを含む随筆集。著者の挿絵が数多く所収されており、知られた清方の好きだった樋口一葉の絵も所収する。「窓硝子の中」氏のブログ「以下余白」の「蘆の芽。鏑木清方著。」で表紙(函のそれと思われる)と一葉の絵が見られる。

『山口剛「紙魚文學」』三省堂昭和六(一九三一)年刊。山口剛(たけし 明治一七(一八八四)年~昭和七(一九三二)年)は国文学者。大正一三(一九二四)年に母校である早稲田大学教授となった。近世文学研究の基礎を築き、井原西鶴・近松門左衛門の研究で知られ、中国文学の翻訳書もある。著作に「西鶴・成美・一茶」「江戸文学研究」など(講談社「日本人名大辞典」に拠る)。本書は発売の前年に逝去した母に捧げられた随筆集で、山口の生前最後の著作である。

 この日附のたか宛書簡が残る。以下に示す。

   *

〇十二月七日附(消印サイパン郵便局一六・一二・七。世田谷一六・一二・二〇。パラオ南洋庁地方課。東京市世田谷区世田谷一の一二四 中島たか宛。封書。航空便)

十二月三日、サイパンといふのは島の名前で、僕の今ゐる町(サイパンの港のある町)はガラパンといふ。彩帆(サイパン)柄帆(ガラパン)といふ漢字をあててゐる。今日はガラパンの町から二里近く離れたチャランカ(茶蘭花)といふ町へ行つた。バスで。ここは砂糖會社のある所。ここの國民學校へ寄つて、二年生の授業をのぞいたら、丁度「よみかた」四の、かぐやひめの所をやつてゐた。桓もきつと、今頃この邊(へん)を習つてゐるんだらうと思ひながら、見て來た。風が強いのは、涼しくていいが、ほこりが立つて、かなはぬ。靴がまつ白になる。とにかく、どうしても十二月のやうな氣がしないね。毎日普通の御飯のほかに、燒いも二百匁と、バナナ二十本ぐらゐ喰べるんだよ。少し胃擴張(かくちやう)になるかもしれないね。パラオに歸つたら、こんなに喰べられないから、今の中に、たべとくんだ。

 十二月四日、今日、チャランカより、もう少し遠いアスリートといふ所へ行つた。あたり一面のさとうきび畑(甘庶(かんしよ)畑)。さとうきびは、すすきみたいな穗(ホ)を出すんだね、それが風になびいてゐると、一寸内地の秋の野原のやうだ。サイパンは中中大きい島だな。今日はバスがないので、郵便局の赤白動車に乘せてもらつて行つた。

 十二月五日、今日も赤自動車にのつけて貰(もら)つて、マタンシャといふ所に行く。海岸の景色の良い所だ。ここも山の中腹までずうつと、甘庶(さとうきび)畑がつづいてゐて、みごとだ。今日は、ここへ來て始めてほんの少し雨が降つた。この前トラックにゐた時は二十日間ぶつつゞけに雨が降つたが、今度は、まるで降らない。へんなものだね。

 田舍道の自動車はずゐぶんゆれるので、かなり疲(つか)れる。三日間田舍行きがつゞいたから、明日は休みにしよう。ガラパンの町には岩波文庫を少し竝べてゐる店があるので、毎日一さつづつ買つて讀んでゐる。僕一人で、ここの岩波文庫を買占めて了ひさうだ。

 十二月六日。昨日、内地からの船が着いたので、今日は、町の店といふ店が活氣づいてゐる。色んな品物が一ペんに來るので、買手の方も今日は急(いそ)がしい。今日はじめて内地の蜜柑(ミカン)を二つ喰べたよ。柿(カキ)も來たといふことだが、僕等の手には、はいらなかつた。(みかんの方は。パラオ迄行くけれど、柿はパラオ迄行かない。遠いので、日數がかかるので駄目になるから、)南貿(ナンポウ)(南洋貿易(ボウエキ)株式會社)といふ小さな百貨店へ行つて、文藝春秋(十二月)を買ひ、それから、そのほかの中央公論や改造や、色んな雜誌をガツガツ立ち讀みして來た。サイパンはさすがに雜誌が早く讀めていいな。この舶船はパラオへ行かない船なので、十二月號の雜誌は、パラオでは十二月二十五日頃でなければ讀めない。大變な違ひさ。今日は罐詰(カンヅメ)なんか、方々の店に一杯竝んでゐる。何だか心丈夫だね。サイパンは藥(くすり)も、パラオより、ずつと、やすい。パラオでは八十五錢のビオフェルミンが、サイパンでは七十五錢だし、パラオで一圓六十錢のエビオスが、ここでは一圓三十五錢。それにナガヰのではないが、とにかくエフェドリンもあるし、(パラオには絶對(ゼツタイ)に無い)、サイパンで藥を少し買ひためて行かうと思つてゐる。大陸、サイパンはパラオにくらべて、三割以上、(何でも)物價が、やすいさうだ。八百屋の小賣の公定(サイパンだけの)價格を教へてやらうか。今、目の前に、その表(ヘウ)がはりつけてあるんだ。それに依(よ)るとね、「百匁について、茄子(九錢)バナナ(五錢)サツマイモ(四錢)キウリ(八錢)里芋(七錢)ヤマノイモ(とろろいも)(七錢)大根(九錢)」となつてゐる。ほかのものは、とにかく、いも類と茄子(ナス)だけは毎日たくさん喰はせられるよ。

 今日は、南興(ナンコウ)水産といふ會社のサイパン出張所長の鈴木といふ男に會つた。一高を僕より一年前に出た男だ。釘本と同級さ。とにかく、此の土地では一流の名士らしい。ずゐぶん、いそがしさうだ。晝飯を御馳走してくれた。南洋には今の所、一高の同窓生は僕とこの男と二人しかゐないんだよ。土地では大變評判(ヘウバン)の良い男らしいぜ。

 前にも書いたが、僕の今泊つてゐる家も、細君が内地へ歸つてゐるので、夜は、俄(ニワカ)(男)やもめ二人で、わびしいこと夥(オビタダ)しい。アメリカとの間が、決裂となつた場合、出張中のオレなんか一體どういふことになるのやら、まるで見當(ケンタウ)もつかない。其の時にならなければ、何もかも判(ワカ)らない。

 考へても仕方のないことは考へないことにして、まづ當分の間バナナといもばかり喰つてゐることにしよう。

 十二月七日。今日は日曜。朝、島民の集まる教會へ行つて見た。讚美歌(サンビカ)は中々上手だ。島民の女達の一番うしろに、日本人の女が一人、ひざまづいて祈(イノ)つてゐた。ちやんとよそ行きの和服を着てゐるが、顏は、白い薄布(ヴエイル)で覆(おほ)つてゐるので見えない。わざと、顏をかくしてるんだと思ふ。日本人だつてカトリック(伊庭なんかが行つてた教會と同じ)の信者があつたつて、フシギではないわけだが、島民の中に、たつた一人まじつて、島民の言葉のお祈(いの)りにあはせて頭を下げてゐるのは、何だか、いたましいやうな氣がした。

 今日の午後は、テニアンといふ島へ渡つて、そこで三四日とまつて來るつもりだ。テニアンにゐる間に内地行の飛行機が來るだらうから、この手紙は、少し早すぎるけど、今日ここでポストへ入れて郵便局へ出しておくことにする。テニアンからは飛行便が出せないので。

 テニアンへはポンポンで二時間位だが、風が強いから相當ゆれるだらう。テニアンには島民は一人もゐない。日本人ばかり。それも南洋興發(コウハツ)といふ砂糖會社に關係した人ばかり(甘煮畑の農民等)のゐる所。僕の仕事には何のあまり關係のない所だが、日本人の國民學校が四つばかりあるので、一寸見て來るんだ。

 オレが手紙ばかり出すもんだから、お前も大分南洋の島の名前をおぼえたらう? 自分が旅行したやうな氣になつてるんぢやないかい?

 テニアンから歸つて、ヤップ向けの船にのる迄の間――十日から十七・八日頃迄の間に、お金(十二月分)を送るつもり。旅先で、旅費の中から送るんだから、いつもの通り送れるか、どうか判(ワカ)らない。パラオへ歸つたら直ぐ足(タ)りない分を送る。お年玉も送らう。但し、これはミンナ、情勢に變化のない場合のことだ。いざとなつたら、全然送れなくなるかもしれぬ。

 パラオよりは涼しい、とは、いふものの、日中(ニツチユウ)の暑さは、相當なものだ。太陽の直射(チヨクシヤ)の強さ、といつたら、ないね。手の甲から、見てゐる中(ウチ)に、プツーリと汗(アセ)の玉が湧(ワ)き出してくるよ。もう内地の冬なんて、とても考へられないな。あゝあ、暑い暑い。

 年内に、南洋から、そちらへ行く船がないから(そちらから來る船はある)これからは飛行便ばかりだ。

 桓の、この學期の成績が惡くても、叱(しか)らないでくれよ。學校がかはると、色々勝手が違つて、うまく行かないものだし、又、色んな心理的な動搖(ドウエウ)のことも考へに入れてやらなければ可哀さうだ。たゞ、おだやかにはげましてやつてくれ。

 お前達は、もう世田谷の生活に慣れたらうが、しかし、オレの想像の中には、本郷町の家にゐるお前達しか、浮かんでこない。オレの書さいの机の下にゴソゴソもぐりこんでくる格や、スコップをもつて、花だんをつつついてゐる格や、家(ウチ)の前の道で遊んでゐる桓や、牛屋のだんだんの所でオレの歸りを待つてゐる桓や、墓所でをかしな歌をうたひながら、仕事をしてゐるお前やそんな昔のすがたばかりが何時も眼の前に浮かんできて仕方がない。

   *

太字は底本では傍点「ヽ」。

・「二百匁」「百匁」一匁は三・七五グラムであるから百で三百七十五グラム、二百で七百五十グラム。

・「ナガヰのではないが、とにかくエフェドリンもある」気管支喘息の特効薬エフェドリンの発見者長井長義(弘化二(一八四五)年~昭和四(一九二九)年)は半官半民の大日本製薬合資会社(後の大日本製薬株式会社、現在の大日本住友製薬株式会社)の技師長を務めていたことがあるから、同成分の製剤を同社が「ナガヰのエフェドリン」として販売していたものかとも思われる。

 ほん書簡中の、「アメリカとの間が、決裂となつた場合、出張中のオレなんか一體どういふことになるのやら、まるで見當(ケンタウ)もつかない。其の時にならなければ、何もかも判(ワカ)らない」及び「但し、これはミンナ、情勢に變化のない場合のことだ。いざとなつたら、全然送れなくなるかもしれぬ」の部分に着目されたい。……この日記と書簡が書かれたのは昭和一六(一九四一)年十二月七日……真珠湾攻撃の前日なのである……]

« 萩原朔太郎 短歌二首 明治三九(一九〇六)年十一月 | トップページ | 耳嚢 巻之八 粂の平内兵衞の事 »