フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 南風と練習船 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より鵠沼の部 東屋 »

2014/01/05

中島敦 南洋日記 十一月二十六日

        十一月二十六日、(水)
 午前中、曇時々風雨。支廳に到り庶務課長と打合せ、終日ブラブラ、夜世戸應眼氏を訪ぬ。五ケ月ぶりなり。
[やぶちゃん注:「世戸應眼」十一月二十七日の注に後掲する十一月二十七日附たか宛書簡に現われる日蓮宗の僧侶。敦が南洋勤務となってサイパン丸で渡航した際(六月二十八日横浜出航、七月六日パラオ島着)に同じ船室で知り合った。『二十一貫』(七八・七五キログラム)もある『ふとった』『坊さんのくせに、音樂が好きで歌ばかりうた』っている『愉快な坊さん』とある。敦の記載からは、南洋方面の信徒集団指導や現地での布教を目的として日本と行き来している人物らしい(敦の訪問先は寺院ではないと思われる)。幾つかの組み合わせで検索してみたが、日蓮宗系統の僧侶等には「世戸」姓の人物は見当たらない。識者の御教授を乞うものである。]

« 橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 南風と練習船 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より鵠沼の部 東屋 »