フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« やさし手に成りし小兎南天の愛らしひとみものは云はずや 萩原美棹 明治三六(一九〇三)年十二月 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 39 子どものシャングリ・ラ! »

2014/01/03

橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 志摩 八句

  志摩

 

春潮を着きけり志摩の國に來し

 

春潮のさむきに海女の業を見る

 

若布(め)は長(た)けて海女ゆく底ひ冥(くら)かりき

 

[やぶちゃん注:「若布」二字で「め」と読ませている。二句後のそれも同じ。「底ひ」は万葉以来の古語で、至り極まる場所、涯、窮みの謂いで、「涯底」「底方」などとも表記するが、その語源は「そきへ」「そくへ」(孰れも「退き方」と表記し、遠く離れた所、果ての意)と同語源かとするものの、はっきりはしない。この二つの「へ」は「辺」、接尾語でそちらの方、辺りの謂いであろうから、ハ行同行でイ段に転訛したということか。]

 

わがために春潮深く海女ゆけり

 

若布(め)の底に海女ゐる光り目をこらす

 

海女の髮春潮に漬じ碧く埀る

 

[やぶちゃん注:「漬じ」は「つかじ」と読む。カ行四段自動詞「漬(つ)く」で、本来は水に浸る、濡れる、浸かるの謂いであるが、私はここは、未だ寒き海から上った海女の春潮に濡れた髪が、少しもそれに侵されることなく、碧に輝いているという海女という過酷な業をものともせぬ女の、ヴァイタルなシンボルとしての黒髪への手放しの讃歌と読む。]

 

東風(こち)さむく海女が去りゆく息の笛

 

[やぶちゃん注:「息の笛」言わずもがなであるが、海女が浮上した際に行う激しい呼吸で口笛のように鳴る磯笛である。で(中学の修学旅行で私もただ一度だけ実際に聴いたことがあるが、その如何にも淋しい音色が何故か今もずっと耳を離れずにある)鳥羽のミキモト真珠島での実演中の磯笛が聴ける。]

 

東風さむく海女も去りたり吾もいなむ

« やさし手に成りし小兎南天の愛らしひとみものは云はずや 萩原美棹 明治三六(一九〇三)年十二月 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 39 子どものシャングリ・ラ! »