フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 短歌 五首 明治四四(一九〇三)年四月 | トップページ | 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十二年 壁炉を焚く »

2014/01/29

萩原朔太郎 短歌 五首 明治四四(一九〇三)年四月

薄暗き酒場の隅に在るひとが我に教へし道ならぬ道

 

砂山の枯草の上を我が行けば蟲力なく足下に飛ぶ

 

悲しみて二月の海に來て見れば浪うち際を犬の歩ける

 

かのベンチ海を見て居りかのベンチ日毎悲しき人待ちて居り

 

縁端に疲れし顏の煙草吸ふ教師の家の庭のこすもす

 

[やぶちゃん注:『スバル』第三年第四号(明治四四(一九〇三)年四月発行)の「歌」欄その四」に「萩原咲二」名義で掲載された。朔太郎満二十四歳。当時の朔太郎は前年の初夏に岡山の六高を退学後、実家と東京を行き来して放浪、二月には比留間賢八の「マンドリン好楽会」に入門するなどしていた彷徨期であった。二首目の海は大磯海岸と考えてよい。底本筑摩版全集の年譜(伊藤信吉・佐藤房儀編)の明治四四年の二月項に、『同月8日 何となく東京を逃げだしたい氣持に驅られ、新橋ステーションから汽車に乘り大磯に行き、海を見る』とある。]

« 萩原朔太郎 短歌 五首 明治四四(一九〇三)年四月 | トップページ | 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十二年 壁炉を焚く »