フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 15 蜂 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 50 モース先生一時帰国のための第一回送別会 又は ここにいる二人の自殺者の経歴がこれまた数奇なること »

2014/01/18

萩原朔太郎 短歌六首 明治三八(一九〇五)年十二月

夕(ゆう)ざれやもろこし畑(はたけ)吹く風に衣手(ころもで)さむき秋は來にけり

 

春の夜や歌(うた)に更(ふ)かせし小人(せうじん)の口元可愛(かわ)ゆき笑(ゑみ)をしぞ思ふ

 

ほとゝぎす鳴(な)きぬ藤氏(とうし)を語る夜に秀才(しうさい)なれば簾(みす)まきあげよ

 

梅雨(つゆ)ばれの大河(たいが)流るゝ國(くに)を北(きた)に晝顏(ひるがほ)うゑぬ夢(ゆめ)みる人と

 

古家(ふるがや)に昨日(きのふ)咲(さ)きたる五月花(さつきばな)つみな玉(たま)ひそ雨降り出でむ

 

君見れば二條に生ひし街粧(まちづく)り扇もつ手(て)の品(しな)づくりけり

 

[やぶちゃん注:前橋中学校校友会雑誌『坂東太郎』第四十三号(明治三八(一九〇五)年十二月発行)に「萩原美棹」の筆名で所収された「ろべりや」他二十六首の掉尾を飾る六首連作。当時、朔太郎満十九歳。これらは例えば三首目が「枕草子」の「鳥は」と「香炉峰の雪」に基づく(「藤氏を語る」は後発の「大鏡」の「藤氏物語」に引っ掛けた話しであろう)、一種の時代夢想詠で統一されているように私には見える(但し、総てについての典拠を私は理解している訳ではない。また残念ながら、これらの短歌の印象はそれを探りたいという興味も私には湧かせないものでもある)。

 一首目「夕ざれ」の読み「ゆう」はママ。

 二首目「可愛ゆき」の読み「かわ」はママ。

 五首目は初出では下句が「つみ玉ひそ雨降り出でむ」となっているが、脱字と断じて「な」を補った。底本校訂本文も無論、そうなっている。

 六首目「品づくり」を底本校訂本文は誤字として「品つくり」と『訂正』している。私は従えない。]

« 杉田久女句集 15 蜂 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 50 モース先生一時帰国のための第一回送別会 又は ここにいる二人の自殺者の経歴がこれまた数奇なること »