フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 二 原始動物の接合(2) ゾウリムシ~本文追加リロード | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 70 »

2014/01/26

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 海水浴場

    ●海水浴場

富士見橋を西に渡りて新宿に出で、養神亭と呼減る旅館の下を左りに沿うふて來れば、波の音と名もいと高き逗子の海濱、廣漠としたる海水浴場に出づ。

逗子停車場より此處まで僅々十町足らずの行程、海濱弓形を爲して、西には豆相翠巒煙の如く、富岳の雲表(うんへう)に聳ゆるを仰ぎ右には鎌倉の海濱、遠く大磯小磯打ち越して、小田原に連なるを望むべく、江の島は呼べば應ふるの間近に浮びて、靑松白砂の磯つゞき、干潟三町許(ばかり)、浪(なみ)平穩(おだやか)にしてそこは一面の眞砂(まさご)白く波の洗ふにまかせつ。

濱邊に葭簀(よしず)繞(めぐ)らしたる小屋あり、浴客(よくかく)は此内に衣物懸け置くを例となせり。

偖(さ)て男となく女となく、悉(み)な麥藁笠(むぎわらかさ)を被り、白き肌着を身にまとひて、折りかへる波を避くるもあれば、足を空にして碎くる波を蹴りゆくもあり、水沫(みづあは)を飛ばし合ひて、泳ぎ競べするは、何れかの學生なるべく、板(いたこ)を前にして辛(から)うして泳げるは某華族の姫君にもやあらむ、斯く海士が子のさまを學ぶも、身を健康に保たんと樂(ねが)へばこそ、父は蟹を捕へて持ち來れば、小兒は砂地に池を堀り山を作りて傍目(わきめ)もふらず、時々潮來りて築きし山を洗ひ去れは、小兒はあれよあれよと呼ぶ。

[やぶちゃん注:「十町足らず」凡そ一キロメートル。この冒頭の記述のような迂回路では無理だが、事実現在、最短コースをとれば横須賀線逗子駅から約一キロメートルで逗子海岸に出られる。

「三町許」三二八メートル前後。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 二 原始動物の接合(2) ゾウリムシ~本文追加リロード | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 70 »