フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 十二月三日 | トップページ | 中島敦 南洋日記 十二月五日 »

2014/01/21

中島敦 南洋日記 十二月四日

        十二月四日(木) 晴

 午前十時半バスにて、高里氏とチャランカ。それより郵便局の赤自動車にてアスリートに赴く、丘の起伏一面に亙る丈高き甘煮。薄の如き、長き穰の靡き。碧空を割るタッポウチョウの頂。國民學校は四方、軍の施設に取圍まれあるものの如し、南陽神社。電信兵の練習、風、甘庶の穗を吹いて、秋の如し。四時、又、赤自動車に搖られ埃の道を歸る。

 夜近江丸入港

[やぶちゃん注:「アスリート」現在のチャランカの西方、サイパン島南部の内陸を南北に走る道に“Aslito Rd”という道路名とその中ほどにアスリートを冠した地名が認められる。

「タッポウチョウ」タポチョ山(Mt.Tapochau)。サイパン島の中央に聳えるサイパン島最高峰の火山。タッポーチョ山とも表記する。標高は四百七十三メートルと低いものの、太平洋の洋上を吹き抜ける気流がこの山に当たることにより気流が乱れるため、天候の変化が激しく、山頂部は霧がかかり気温が低く、温帯気候となっている。そのため、標高によって植生が異なり、山麓には熱帯林が広がっているが、山頂部にはススキの草原が広がっている。サイパン島は世界最深のマリアナ海溝の隆起した部分であり、タポチョ山の山底はその海底にある。そのため裾野に当たるマリアナ海溝から測るならば、実に一万千三百八十四メートルの高さがあり、ハワイ島のマウナ・ケア山と同様、世界で最も高い海底山の一つである(以上はウィキの「タポチョ山」に拠った)。]

« 中島敦 南洋日記 十二月三日 | トップページ | 中島敦 南洋日記 十二月五日 »