フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 志摩 八句 | トップページ | 耳嚢 巻之八 友田金平鑓の事 »

2014/01/03

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 39 子どものシャングリ・ラ!

 別の小屋では子供達が、穴から何等かの絵をのぞき込み、一人の老人がそれ等の絵の説明をしていた。ここでまた私は、日本が子供の天国であることを、くりかえさざるを得ない。世界中で日本ほど、子供が親切に取扱われ、そして子供の為に深い注意が払われる国はない。ニコニコしている所から判断すると、子供達は朝から晩まで幸福であるらしい。彼等は朝早く学校へ行くか、家庭にいて両親を、その家の家内的の仕事で手伝うか、父親と一緒に職業をしたり、店番をしたりする。彼等は満足して幸福そうに働き、私は今迄に、すねている子や、身体的の刑罰は見たことがない。彼等の家は簡単で、引張るとちぎれるような物も、けつまずくと転ぶような家具も無く、またしょっ中ここへ来てはいけないとか、これに触るなとか、着物に気をつけるんだよとか、やかましく言われることもない。小さな子供を一人家へ置いて行くようなことは決して無い。彼等は母親か、より大きな子供の背中にくくりつけられて、とても愉快に乗り廻し、新鮮な空気を吸い、そして行われつつあるもののすべてを見物する。日本人は確かに児童問題を解決している。日本人の子供程、行儀がよくて親切な子供はいない。また、日本人の母親程、辛棒強く、愛情に富み、子供につくす母親はいない。だが日本に関する本は皆、この事を、くりかえして書いているから、これは陳腐である。

[やぶちゃん注:

「子供達が、穴から何等かの絵をのぞき込み、一人の老人がそれ等の絵の説明をしていた」言わずもがな乍ら、「覗きからくり」 である。レンズ附の覗き穴のある箱の中に、話柄に合わせた名所の風景や絵が擬遠近法で仕掛けられており、口上が話に合わせて紐を引いて操作し、そのレンズで拡大された立体的で写実的な絵が入れ替わったり、移動したりすることで展開する見世物。江戸では単に「からくり」と呼んだ。ストーリー性の高いものでは「八百屋お七」「お染久松」「お栗判官一代記」などを興行した。機械動作であるが擬似的に再現した「博多町家ふるさと館」、及び「八百屋お七」復元(横浜市歴史博物館で実演公開されたもので、そのからくり内の絵は新潟市指定文化財で百年以上前の製作になるものである)がリンク先の動画で見られる。「のぞきからくり」の学術的な変遷史などは、恐るべきマニアックなサイトである細馬宏通覗きと遠近法がお薦めである。

「小さな子供を一人家へ置いて行くようなことは決して無い。彼等は母親か、より大きな子供の背中にくくりつけられて、とても愉快に乗り廻し、新鮮な空気を吸い、そして行われつつあるもののすべてを見物する。日本人は確かに児童問題を解決している。」原文“Little children are never left alone in the house, but are tied to the back of the mother or one of the older children and have delightful rides, fresh air, and see everything that is going on. The Japanese have certainly solved the children problem,”。これは何と……どこのシャングリ・ラか?……]

« 橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 志摩 八句 | トップページ | 耳嚢 巻之八 友田金平鑓の事 »