フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十一年 葬 | トップページ | 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十一年  當麻 »

2014/01/15

橋本多佳子句集「海燕」  昭和十一年 野火

 野火

 

葛蔓(くづ)帶の阿蘇のくにびと野(ぬ)火かくる

 

[やぶちゃん注:「葛蔓(くづ)帶」とは葛を図柄とした帯のことを指しているか。グーグル画像検索「葛 帯 柄」を参照。

「野」を「ぬ」とするのは本来的には上代の東国方言であった。但し、上代特殊仮名遣、所謂、万葉仮名に於いて、「の」の甲類音を表すとされる「努」「怒」「弩」などを主に江戸時代の国学者が「ぬ」と訓(よ)んだことから「野()」の義に解して「野火(ぬび)」「野辺(ぬべ)」などと読んだ結果、それが慣用化してしまったものである。]

 

火の山の阿蘇のあら野に火かけたる

 

霾(よな)が降る阿蘇の大野(ぬ)に火かけたる

 

[やぶちゃん注:「霾」は音「バイ」で、黄砂現象の古名。モンゴルや中国北部で吹き上げられた黄土(粒子の大きさは十分の二から十分の五ミリメートル程)が季節風に吹き流されて浮遊し日本まで飛来、空を黄褐色に覆いながら徐々に落下してくる現象を指す。太陽も赤みを帯びる。歳時記では春の季語とする。「霾」一字で「つちふる」とも読む他、「霾曇」「霾晦」で「よなぐもり」と読んだり、音読みして「霾風(ばいふう)」「霾天(ばいてん)」と読んだりもする。他にも「よなぼこり」「つちかぜ」「つちぐもり」「胡沙(こさ)」「黄塵万丈」「蒙古風」など黄砂に関する言葉は多数ある(別称の部分は「Wikipedia日英京都関連文書対訳コープス」による自動英文和訳を参照した)。]

 

火かければ大野風たち風驅くる

 

火の山ゆひろごる野火ぞ野を驅くる

 

[やぶちゃん注:「ゆ」言わずもがなであるが、名詞に付く上代の格助詞で、①動作・作用の起点を表す。「~から」。②動作の移動・経由する場所を表す「~を通って」。③比較の基準を表す。「~に比べて」「~より」。④動作の手段・方法を表す。「~によって」「~で」。ここは無論、①の意であるが、この「ゆ」、俳諧俳句での使用例はあまり多くないものと私は思う。]

 

野にをらびくにびと野火とたたかへる

 

[やぶちゃん注:「をらぶ」上代からある古語「叫(おら)ぶ」としか思えないが、だとすれば歴史的仮名遣は「を」であって「お」は誤りである。]

 

天にちかきこの大野火をひとが守る

 

草千里野火あげ天へ傾けり

 

野火に向ひ家居の吾子をわが思(も)へり

« 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十一年 葬 | トップページ | 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十一年  當麻 »