フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 十二月四日 | トップページ | 中島敦 南洋日記 十二月六日 »

2014/01/21

中島敦 南洋日記 十二月五日

        十二月五日(金) 曇・晴、雨、

 昨夕七時より今朝六時迄熟睡、更に朝食後、七時半より九時半より採椅子によりて眠る。快適。正午高里氏と赤自動車に乘る、今日はマタンシャ行なり。築港、軍の建物。松林中の油樽、陸稻畑。珍し。綿花、キャッサバ、甘庶。タナバコの島民部落、教會。一時マタンシャ國民學校に着く、前は細きメリケン松の海岸、背後は山、風景佳。海沿ひの一本道を行くこと三十分餘。キャッサバ畑、甘庶畑。遙か山の中腹に及ぶ迄甘庶の穗。沖繩人の家。牛、山羊。家に歸る小學校生徒。甘庶の葦を嚙れる兒。海、リーフ線の白き一線。マタンシャに歸り、松林の中にて海風に肌をさらしつゝ、「家畜系統史」を讀む。面白し。四時又、赤自動車に乘る。

 今日は珍しく埃立たず、

[やぶちゃん注:「マタンシャ」サイパン島西岸北方の南寄りにある地域名。今回、この地名を捜すためのネット検索の中で、貴重な戦前の多くの地図と写真を含むサイト「サイパン パウパウツアーズ」のサイパン島の古い地図や資料を発見した。必見である!

「タナバコ」マタンシャの南に接する地域名。南で当時のガラパン町に接する。

「家畜系統史」スイスの動物学者コンラット・ケルレル(一八四八年~一九三〇年)の著で加茂儀一訳の岩波文庫昭和一〇(一九三五)年刊のものであろう。岩波書店公式サイトの解説によれば、『数千年にわたって,われわれ人類の親しい友としてともに歴史を歩んできた家畜たち.犬,猫,馬,豚,ラクダ,牛,山羊,羊や家禽類の系統を野生時代から現在へと概観する.個々の家畜については,それぞれくわしい研究もあり,書物も多いが,本書のように,総括的にしかもコンパクトにこれをまとめたものは少ない.写真・挿絵40葉』とある。]

« 中島敦 南洋日記 十二月四日 | トップページ | 中島敦 南洋日記 十二月六日 »