フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 十二月一日 | トップページ | 耳嚢 巻之八 實情の歌は見る所有事 »

2014/01/14

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 46 モース、永遠の少年たる学生松浦佐用彦の宿舎を訪ねる(英語原文附)

 先日私は松浦に、彼の書斎を見せて貰うことにし、一緒に大学の建物の裏にある、大きな寄宿舎へ行った。学生達の部屋は、奇妙な風に配列してある。寄宿舎は二階建で、その各階に部屋が一列に並び、広い廊下に向けて開いている。各二部屋に学生が七人入っているが、下の部産が勉強部屋で、二階のが寝室である。これ等の部屋位陰欝なものは、どこを探しても無いであろう。寒くて、索莫としていて、日本の家の面白味も安楽さもなく、また我国の学生の部屋の居心地よさもない。人が一人入れる軽便寝台が七つ、何の順序も無く部直に散在し、壁にはもちろん絵などはなく、家具も軽便寝台以外には何も無い。書斎の方は、壁に学生達がいたずらに筆で書いた写生図があったりして、いく分ましであった。これ等の部屋は非常に寒いが、ストーヴを入れつつあった。何物を見ても、最も激しい勉強を示している。

[やぶちゃん注:ここは以下に記すようにモースには深い思い入れがあったに違いなく、私にとっても、当時の学生宿舎の様子や彼等の気風が彷彿としてとても面白いと同時に、ある種のモースの懐かしいしみじみとした感懐が伝わってくる箇所であるからして、まず原文を総て掲げておきたい。

   *

The other day I asked Matsura's permission to see his study room, and we went together to a large dormitory in the rear of the University buildings. The students' rooms are arranged in a curious fashion. The dormitories are two stories in height. A single row of rooms on each story opens on a broad veranda. Each two rooms accommodate seven students, the one below being the study room and the one above the bedroom. Nothing could be more cheerless than these rooms. Gold and barren, they had neither the interest nor comfort of the native house nor the coziness of a student's room at home. A narrow crib for one person only, and seven of these scattered without order about the room, no pictures on the walls, of course; no furniture except the cribs. The study room was a little better, as on the walls were a few brush sketches of some of their pranks. The rooms were very cold, but stoves were being put in. Everything indicated the hardest of study.

   *

「松浦」松浦佐用彦。「第七章 江ノ島に於る採集 24 ホイト・ゲーム/松浦佐用彦のこと」に詳注済み。この寄宿舎の彼の部屋の訪問は「ストーヴを入れつつあった」という描写と、この後に「十月二十八日の日曜の夜、日本人の教授達が日本のお茶屋で、私の為に送別の宴を張ってくれた」という叙述が手掛かりになる。モースが何故、松浦の部屋に行ったか? それはとりもなおさず、彼がモース遺愛の教え子で、翌年七月に享年二十二歳で夭折してしまった、本書を執筆していた当時のモースにとっても最も忘れ難い青年であったからに違いない(次の段の談笑の内容からもその親近感は強烈に伝わってくるし、何よりリンク先に示したようにモースは何と彼の墓碑銘さえ記しているのである)。特に松浦は佐々木忠二郎とともにモースからモース帰国後の大森貝塚の後の発掘調査を託されていたほどであるから(磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」に拠る)、モースとすれば彼との惜別の念の中での訪問、則ち、モースの一時帰国直前の出来事であった。モースの帰国は明治一〇(一八七七)年十一月五日(横浜発)であったから(必ずしもモースは厳密な時系列で本書を記しているわけではないと思われるし、江の島臨界実験所の冒頭など、他の部分の叙述では大きな記憶の錯誤もあるにはあるが)、暖房が設置され「つつあった」という表現からも、これはまさに十月二十八日前後であることは間違いない。――モースにとって松浦佐用彦は文字通りの puer eternus――プエル・エテルヌス――永遠の少年であり続けたのであった……]

 

 私は松浦に、彼等が秘密結社を持っているかと質ねた。彼は、結社はあるが、秘密なものではないと答えた。しばらく話をしている内に、私は松浦から、日本の学生達は一緒になると、乱暴な口を利き合ったり、隠語を使ったりするのだという事実を引き出し、更に私は、彼等が米国の学生と同様、外国人の教授達に綽名(あだな)をつけていることを発見した。一番年をとった教授は「老人」、四角い頭を持っている人は「立方体」、頭が禿げて、赤味がかった、羊の肋肉に似た頰髭のある英国人の教授は「烏賊(いか)」である。松浦は、両親達が大学へ通う子供達の態度が無作法になることに気がつき、彼等自身も仲間同志で、何故こう行為が変化するのか、よく議論したといった。私は彼に、米国の青年達も、大学へ行くようになると、無作法になり、先生に綽名をつけるという、同じような特質を持つにいたることを話した。(大学へ入る前に我々が如何に振舞うかは話さなかった。)私は更に松浦に向って、少年は本来野蛮人なのだが、家庭にいれば母親や姉に叱られる、然るに学校へ入ると、かかる制御から逃れると同時に、復誦へ急いだり、ゴチャゴチャかたまったりするので、いい行儀の角々がすりへらされるのだと話した。

 (日本の学生及び学生生活に就ては、大きな本を書くことが出来る。ヘージング〔新入生をいじめること〕は断じて行わぬ。先生に対する深い尊敬は、我国の大学の教授が、例えば黒板に油を塗るとか、白墨を盗むとか、あるいはそれに類したけちな悪さによって蒙る、詰らぬ面倒から教授を保護する。我国で屢々記録されるこの非文明で兇猛な行動の例証には、プリンストン大学の礼拝堂から聖書と讃美歌の本を盗み出し、ハーヴァードのアップルトン礼拝堂の十字架に、一人の教授の人形を礫にしたりしたような、我国の大学生の不敬虔極る行動や、仲間の学生をヘージングで不具にしたり、苦しめたり、死に至らしめたりさえしたことがある。

 日本の男の子は、我国の普通の男の子達の間へ連れて来れば、誰でもみな「女々しい」と呼ばれるであろう。我国では男の子の乱暴な行為は、「男の子は男の子」という言葉で大目に見られる。日本では、この言草は、「男の子は紳士」であってもよい。日本の生活で最も深い印象を米国人に与えるものは、学校児童の行動である。彼等が先生を尊敬する念の深いことは、この島帝国中どこへ行っても変りはない。メイン、及び恐らく他の州の田舎の学校で、男の子たちが如何に乱暴であるかは、先生が彼等を支配する為に、文字通り、彼の道を闘って開拓しなければならぬという記録を、思い出す丈で充分である。ある学校区域は、職業拳闘家たる資格を持つ先生が見つからぬ以上、先生なしである。日本に於る先生の高い位置を以てし、また教育に対する尊敬を以てする時、サンフランシスコ事件――日本人学童が公立中小学校から追放された――程、残酷な打撃をこの国民に与えた事はない。ここにつけ加えるが、日本人はこの甚深な侮辱を決して忘れはしないが、このようなことを許した政治団体の堕落を理解して、そのままにしている。)

[やぶちゃん注:ここの前文部分は原文では改行せずに前段に続いており、先と同様の理由から、まず原文を示す。

   *

I asked Matsura if they had secret societies and he said they had societies, but not secret ones, and after a little conversation I got out of him the fact that their herding together led to rough talk or slang; then I discovered that they had nicknames for their foreign professors as students have in America. The oldest professor is known as the "Old Man"; another, who has a square head, is called "Cube"; an English professor who is bald-headed and has reddish mutton-chop whiskers is called "Cuttlefish." Matsura said that parents observed that boys attending the University became brusque in their manners, and they had often discussed among themselves the reason for this change in behavior. I told him that the same abruptness of behavior and the using of nicknames for their teachers were characteristics of American boys attending college. (I did not tell him how we acted before coming to college.) I also told him that the young boy is essentially a savage, and at home he is chided by his parents and sisters; in getting away from these restraints, and with the hurrying to recitations and crowding together, some corners of good manners are rubbed off.

 [A large volume might be written on students and student life in Japan. Hazing is never known. The profound respect shown to teachers protects the professor from the trifling annoyances he is subject to in our colleges at home, such as greasing the blackboard, stealing the chalk, and other petty deviltries. The impious behavior of students in our colleges, such as stealing the Bible and hymn-books from the chapel of Princeton University, the crucifying of an effigy of a professor on the cross of Appleton Chapel at Harvard, and disfiguring, torturing, and even causing the death of brother students in hazing, are illustrations of this barbarous and savage behavior often recorded in our country.

There is not a boy in Japan who would not be called a "sissy" if brought in contact with the usual run of our boys. In our country the hoodlum behavior of a boy is condoned by saying "Boys will be boys." In Japan the saying might well be, "Boys will be gentlemen." No feature in Japanese life impresses an American more than the behavior of schoolchildren. Their profound respect for the teacher is universal throughout the Empire. One has simply to recall the records of country schools in Maine and possibly other States, where the boys are so turbulent that a teacher has literally to fight his way before getting control ! Some school districts are without teachers unless a man with the ability of a prize-fighter can be found. With the high position of teachers in Japan and the respect for education, no deeper blow could be dealt to a nation than the San Francisco affair, when Japanese children were excluded from the public schools, and I may add that the Japanese, though never forgetting the deep insult, for such it was, let the matter rest realizing the degradation of the community which permitted it.]

   *

「秘密結社」原文“secret societies”。直下に石川氏は『〔米国の大学にはよくある〕』と割注されておられ、この場合は、大学当局の正式な公認を得ていない、広義の非公認団体・同人組織という意味であろう。欧米の一部のそれらは多分に政治的・宗教的な秘密結社を意味するが、モースはそうした重大な非合法組織というニュアンスの水を半ば冗談で、しかし半ばどこかに反体制的な若者たちの鬱勃たるパトスをも期待しつつ、松浦にしかけたという気がしないでもない。

「復誦へ急いだり、ゴチャゴチャかたまったりするので、」原文は“and with the hurrying to recitations and crowding together”。石川氏に悪いが、ちょっと悪訳という気がする。“recitations”は暗誦・復誦の謂いではなく、朗唱の意ではるまいか? “the hurrying to recitations”とは、めたやたらに大声で歌や詩を歌うこと、thecrowding together”は互いに群れたがることで、ここは

 好んで徒党を組んでは、高歌放声したりするので、

という意味ではあるまいか?

「老人」“Old Man”「爺さん」「じじい」「じい」か。

「立方体」“Cube”。「四角」「角」「箱」若しくは、ややアブナいがそのまま「きゅうぶ」か。

「烏賊」“Cuttlefish”。これはもうモロに「いか」であろう。

「ヘージング」“Hazing”。底本では直下に『〔新入生をいじめること〕』という石川氏の割注がある。“haze”は主に米国で、苛める、特に大学で上級生が新入生にひどい悪戯をしていじめる、しごく、の意。「ヘイズィング」で新入りいじめ。英語版ウィキの“Hazingがすこぶる詳しい。日本版の「いめ」と読み比べてみると、英語版の方が、こうした内容を奇術するに際し、英語圏の人々の方が遙かに自由でマルチプルでしかも学術的な立脚点に立っているのがよく分かる。

「男の子は男の子」“"Boys will be boys.”は「第二章 日光への旅 2 田舎の寺子屋・鳥居」で既注であるが、再掲しておく。「若い男には若い男の特性がある」という諺。人間の生得特性を許容する謂い。男の子は乱暴なもの、若者は常に腹をすかせ、とかく羽目を外したがるといった意味で、同様の表現としては“God's lambs will play.”(神の子羊たちは戯れるもの。)、“Young colts will canter.”(子馬は駆けるもの。)、“A growing youth has a wolf in his belly.”(育ち盛りの若者の胃袋の中には狼がいる)、“Youth must have its fling.”(若者は羽目を外さないと承知しない)といったものがある(安藤邦男「英語ことわざ教訓事典」に拠った)。

「サンフランシスコ事件」本書の刊行された一九一七年(大正六年)に先立つ、一八九三年(明治二十六年)と一九〇六年(明治三十九年)にアメリカのサンフランシスコで起こった二度の日本人学童隔離事件。不学にして私は全く知らないことなので、以下、個人サイト「日系移民の歴史」の日米紳士協約より引用させて戴く(一部の数字を全角化させて戴いた)。

   《本文引用開始》

 1893年、サンフランシスコの市教育委員会は驚くべき決議を発表した。市内の公立学校は日本人生徒の入学を拒否するべきだ、というのである。その理由は、「日本人は他の生徒より年齢が高い」から。

 つまりこういうことである。学校に入学する日本人移民は、英語を学ぶ目的であるため実際の年齢よりも低いクラスに入る。当時17歳以下の児童には1人当たり9ドルの補助が政府から下りたのだが、日本人学生を受け入れても17歳以上であることが多いので学校は補助を得られない。また、学齢以上に達した日本人男子がクラスで女子生徒と一緒になることは好ましくない――と、正直なところずいぶんもってまわった理由であった(*2)。この決議は当時の日本領事珍田捨巳らの運動によってなんとか取り消されたが、教育界における日本人排斥の動きはその後も活発になっていく。

 1901年、カリフォルニア州とネバダ州の州議会が「日系移民を制限せよ」との建議書を中央議会に送る。1905年にはサンフランシスコに「日韓人排斥協会(The Japanese and Korean Exclusion League)」が組織され(のち「アジア人排斥協会(The Asiatic Exclusion League)」に改名)、日系移民に注がれる視線はいよいよ厳しさを増していった。

 そして1906年、またしてもサンフランシスコ学務局で以前と同じ決議が下された。日本人生徒を公立小学校から隔離し、中国人学校に編入させるという決定である。今回の理由は、同年起こったサンフランシスコ大地震の影響で学校のスペースが足りなくなってしまったからというものだった。呆れるほどにこじつけの理屈である。だいたい、当時公立学校に通っていた日本人学生の数は全員あわせても100名に満たない(*3)。こんな少数の生徒を排除したところで、どれほどのスペースが確保できるというのか。

   《本文引用終了》

注記『(*3)』は、

   《注記引用開始》

*3Japanese Immigration, p55によれば92(名以下、「北米百年桜」p15によれば93名(男65・女28)。また当時のサンフランシスコの公立学校69校中、日本人学生を受け入れていたのは22校であり、一校平均4、5名の計算になる。

 年長の日本人男子が女子生徒と机を並べるという問題についても、その根拠は数字の裏づけを得られない。Wilson and Hosokawa, East to America, p53によると、日本人生徒93名のうち25名はアメリカで生まれたアメリカ市民であり、残る68名に関しては15名が女子、男子21名が15歳以下であった。以上を差し引けば、非難の対象となりうる「年長の日本人男子」の数はわずかに32名であったということになる。

   《引用終了》

この事件にかくも歯に物着せることなく(日本人以上にと言ってよい)義憤ぶちまけているモースが今も生きていて、今の沖縄の現状や辺野古の自然破壊(モースは今や絶滅が危されているシャミセンガイを専門とする海洋生物学者であることを忘れないで戴きたい)を知ったら……と考えるたら、私は体に戦慄が走る!……]

« 中島敦 南洋日記 十二月一日 | トップページ | 耳嚢 巻之八 實情の歌は見る所有事 »