フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 龍舌蘭  八木重吉 | トップページ | 中島敦 南洋日記 十一月二十四日 »

2014/01/01

萩原朔太郎 短歌十四首 明治三六(一九〇三)年十二月

ああ無道ヽヽヽヽそこに幾日を住みわびつヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽれば世人の我も安けき○○○○○○ヽ○○○

その香ゆゑにその花ゆゑに、人は老を、泣きぬ泣かれぬ、こきべに椿。

うれし身は虫の鳴くごとうたふごと、かごとの宵ぞうつりけらしな。

草にふして美し人は泣きもやまずヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ別れもあへずヽヽヽヽヽヽ野はくれせまるヽヽヽヽヽヽヽ

わざはひは野ゆく山ゆく君により吾によれども淋しともなし。

淋しけれど人は恨まじなげくまじヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽおのが世なればやせもしてまし○○○○○○○○○○○○○○

こほる月にむせぶか千々の草の花。露のさゞめき悲しげなるに。

よろこびに今ぞわがごとがへ虫。地に歌たりし幸や秋。

賴りつつむくろは地にながらへよヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽうら淋しきに靈はほろびよヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ

この戀よ、亂れて末は知らなくに、おどろにまとふ紅づたのごと。

うれたくも思はかれつ名はうせつ。吾に笑めとやせまる戀歌。

初秋や雁やそら行く中空に、みつる光は靈のきざしよ。

たゞひとり世をば讚へし子が門に榮えよ、さかえよ花緋木蓮

くらやみに動くものあり﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆日はしらで﹆﹆﹆﹆﹆いたち﹆﹆﹆もぐらのによべる如く﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆﹆

[やぶちゃん注:『文庫』第二十四巻第六号・明治三六(一九〇三)年十二月に「上毛 萩原美棹」の名義で掲載された。萩原朔太郎満十七歳。圏点は選者服部躬治(既注済)によるもの。一首目の「れば世人の我も安けき○○○○○○ヽ○○○。」の部分はママ。底本筑摩書房版全集の校訂本文では、「慣」の「な」のルビを誤りとし、「なる」として「なるれば」と『校訂』しているが、従わない。
 『文庫』は明治二八(一八九五)年九月創刊の投稿文芸雑誌(明治四三(一九一〇)年八月終刊。通巻二四四冊)。明治二一(一八八八)年創刊の『少年園』から分かれた『少年文庫』が前身だが、小説・評論・詩・短歌・俳句などの新人育成の場として勢力を持つようになり、特に詩人や歌人にはこの雑誌を登龍門として後に一家をなした者の数は夥しい。『文庫派』の別称を持つ河井酔茗・伊良子清白・横瀬夜雨・塚原山百合(後の島木赤彦)らを初めとして北原白秋・窪田空穂・三木露風・川路柳虹らの大家を輩出した雑誌であった(ここは平凡社「世界大百科事典」に拠った)。]

« 龍舌蘭  八木重吉 | トップページ | 中島敦 南洋日記 十一月二十四日 »