フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 葉  八木重吉 | トップページ | 天がける飛鳥かしらずゆかしむは鸚鵡なりにし人の釋迦牟尼 萩原朔太郎 »

2014/01/06

橋本多佳子句集「海燕」 昭和十年 月見草

 月見草

 

卷き雲が尾をひき並び夕燒けぬ

 

月見草地の夕燒が去りゆきぬ

 

月見草雲の夕燒が地を照らす

 

高波のくだくる光り月見草

 

月見草闇馴れたれば船見ゆる

 

[やぶちゃん注:これらの「月見草」は、他対照とのパースペクティヴを句の眼目とする四句の内でも、特に「高波の」と「月見草闇馴れたれば」の二句の視線の高さから見て、黄色の知られた双子葉植物綱フトモモ目アカバナ科Onagroideae 亜科 Onagreae 連マツヨイグサ属 Oenothera のマツヨイグサ Oenothera stricta 又はオオマツヨイグサ Oenothera erythrosepala 以外には考えられないが(グーグル画像検索「Oenothera stricta及びOenothera erythrosepala)、私は秘かに私の偏愛してやまない白いツキミソウ Oenothera tetraptera 以外に多佳子に最も相応しい花はないと、かねがね秘かに思っていることをここに告白しておきたい(グーグル画像検索「Oenothera tetraptera)。そうして……そうして私は白い月見草といったら、これを書かずにはいられないのだ……鬼城句集 夏之部 宵待草の花でも書いたが、やっぱり書かずにはいられない……私の古い家の猫の額ほどの庭にはかつて、この真っ白なツキミソウ Oenothera tetraptera の群落があって、夏、十数輪の花を咲かせては独身の頃の孤独な泥酔した僕を待っていてくれたものだった……しかし……ある夜、彼女に逢うのを楽しみに帰ってみると……群落そのものが移植ごて綺麗に根こそぎ(明らかに根を傷つけぬように計算された緻密で丁寧な一定の深さに抉られてあった)、何者かによって一茎も残さずに持ち去られていたのであった(それが何処の誰であるかは実は知っている。私の家の前の道は本来は私道で、その頃、限られた人物しか通らなかったから。山を越えた向こうに住んでいる、その後の私の家の庭に難癖をつけた園芸通を気取っていた、あのむくつけき中年女に違いないのだ)。…………私はユリィデイスを失ったオルフェのように地べたに膝をついて号泣した――]

« 葉  八木重吉 | トップページ | 天がける飛鳥かしらずゆかしむは鸚鵡なりにし人の釋迦牟尼 萩原朔太郎 »