フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 一 細胞(2) 細胞間質 | トップページ | 犬と散歩しながら »

2014/01/19

中島敦 南洋日記 十二月二日

        十二月二日(火) 晴

 朝高里氏とポンタムチョウの女學校に赴く、海に接して大木多く茂れる良き所なり。

 午後、第一、第二國民學校に行く。月良し、航空便を出す。

 奉安丸入港、

[やぶちゃん注:「ポンタムチョウ」サイパン島中央部の北西端に位置するガラパン(Garapan。当時は柄帆町という和名も与えられていたらしい)の市街地名。ウィキの「ガラパン」によれば、現在はアメリカ合衆国『北マリアナ諸島自治連邦区、サイパン島最大の市街地で、観光産業の中心地でもある』。『主要なホテルやレストランおよびショップ、サイパンの戦いで犠牲となった米兵を追悼するアメリカ記念公園、マリアナ諸島最大の小学校などがある』とある。当時はここに日本の『南洋庁サイパン支庁が設置されたことにより、サイパン島の行政・経済の中心地となった。サイパン支庁を境に北側を「北ガラパン」、南側を「南ガラパン」と称して』おり、『松江春次の起こした南洋興発株式会社の事業拡大にあわせて、ガラパンは都市としての機能が整備され、多くの日本人が移り住むようになった。内地と同様の生活を享受するために、学校、病院、地方法院(裁判所)などの公共施設や、南洋興発、建設会社、銀行、新聞社などのオフィス、映画館、公衆浴場といった商業施設があった。最盛期には、邦人の人口が』約一万四千人にまでなり、『日本を模した街づくりが進められたため、「南洋の東京」と呼ばれた』。昭和七(一九三二)年『に南洋群島部落制に基づく「ガラパン町」となった』とある(リンク先には日本統治時代当時の写真もある)。

 この日附で横浜高等女学校時代の教え子(前日の諸節とは別人)に宛てた葉書とたか宛書簡(こちらが本文の航空便)が残る。以下に示す。

   *

〇十二月二日附(消印サイパン郵便局一六・一二・二 パラオ南洋庁地方課。横浜市中区豆口台六九 川口直江宛。「カナカ土人若き男女の語らひ」の絵葉書)

(どうも少し俗惡な繪葉書で困るけれど)

 今、サイパンといふ所にゐます、毎日バナナを二十本ぐらゐづつたべてゐますよ、そちらはもう寒いだらうな、今僕は、すつぱだかで汗を流しながら書いてゐるんだが、

   *

〇十二月二日附(消印サイパン郵便局一六・一二・二 世田谷一六・一二・二〇。パラオ南洋庁地方課。東京市世田谷区世田谷一の一二四 中島たか宛。封書。航空便)

 先づお父さんに賴んで貰ひたいこと、「岩波文庫の『サミエル・ジョンスン傳』(上)〔ポズウェル著神吉三郎譯〕(六十錢)」を買つていたゞき度いこと。之は古本屋でなく、澁谷でも横濱でも三軒茶屋でも、その邊の本屋で買つていたゞいて、それをお前が地方課宛に送つて呉れ。「上」と書いたが、「下」も出てゐれば一緒に送つてほしい。多分まだ出てゐまいと思ふが。

○毎晩毎晩、良い月夜がつゞく。夕方、まだ暗くならない中に、月が明るく輝(かゞや)き出すので、夜中過まで、ずうつと、暗くならずに、明るさが續く。東京は近頃晴れてゐるかな? そちらで見る月はさぞ寒々(さむざむ)としてるだらうな。こつちではウチワを使ひながら、月を見てるんだが。サイパンは道が良く、廣く、眞白な砂の道(そのかはり、晝間のまぶしいこと! 日よけめがねを掛けなくちや、とても歩けない)だから、月夜の散歩は、とても、氣持が良い。毎晩一時間か二時間はブラく歩き廻る。途中で、犬にふざけたり、島民兒童と話をしたりしながら。所々の木の蔭に、牛や山羊の寐てゐるのも面白い。月の光は明るくて美しいが、しかし、寂しいなあ! 所で、オレは宿舍をかへたよ。サイパンに實業學校があるが、そこの先生のウチに同居することになつた。先生といつても、オレと同じくらゐの年齡(トシ)で、今は一人でゐるんだ。勿論、二人とオレもその人も、外で飯を喰つてゐるんだ。家はたゞ寐るだけだ。この先生もこの八月に細君をクニへ歸した所で、やはり職をやめて内地へ歸りたがつてゐるんだが、中々やめさせて貰へないんだ。慶應(ケイヲウ)を出た人なんだがね、面白いことに、この人も内地で、喘息が苦しくてたまらないので、南洋へ逃げて來たんださうだ。サイパンへ來てから喘息は起らないが、その代り、細君が身體を惡くして了つて困つたさうだ。僕が喘息の藥をのむのを見て、自分の、三年前の苦(くる)しみを思出したらしく、色々と喘息の話をし合つたんだが、「今は喘息が起つてもいいから、内地へ歸りたい、南洋にゐると頭がどうかなつて了ふ」と言つてゐた。オレの場合は簡單(カンタン)さ。オレの喘息は、南洋へ來たつて、起るんだから、これは勿論、内地へ歸つた方が良いにきまつてゐる。しかし、田邊(タナベ)氏(之が、その先生の名前だ)の場合は、内地へ歸れば喘息が起り、南洋なら起らないんだ。それでも、今は、内地へ歸りたいといふんだよ。オレが歸りたがるのも無理はないだらう。この人も、畫(ヱ)や音樂が好きらしい。家の中に油畫が三つ四つ、かかつてゐる。文化人は、肉體的にも、精神的にも、南洋には住めないらしいな。全く頭が狂ひさうになるよ。お前達の戀しさばかりぢやないんだ。精神的にほ完全な島流しだし、肉體的には、しよつちう、火あぶりにあつてるやうなものだ。

 ここの公學校の教育は、ずゐぶん、ハゲシイ(といふよりヒドイ)教育だ。まるで人間の子をあつかつてゐるとは思へない。何のために、あんなにドナリちらすのか、僕にはわからない。僕が生徒をつかまへて話しかけても、向ふはコチコチで、「ハイ! ×××で、あります。」といつた風な、ガツカリするやうな返辭(へんじ)しか、しない。まるで打ちとけないんだ。内地人の先生はコハイものときめてかかつてゐるんだね。こんな教育をほどこす所で、僕の作る教科書なんか使はれては、たまらない。今の教科書で十分なんだ。先生達も大體、今の讀本で滿足してるんだし、今更、僕なんぞ出て來なくても良かつたんだ。或る學校へ行くと、讀方は今のままで良いから、算術の教科書を作つてくれといふ。理科の教科書がほしいといふ所もある。ひどいのになると、裁縫(サイホウ)の教科書を作つてくれといふ所もある。(オレにサイホウの教科書を作れつていふんだぜ。)驚いたなあ! これなら、小學校の先生あがりの人でもやとへば良かつたんだよ。とにかく、オレが出て來たのは間違ひだつたな。南洋廳のためにも、オレの爲にも。

 時局はどうなるのか。この二三日で急に何とかなるのではないか。さうなれば、しばらくそちらとの交通は、とぎれるのでだらう。いやでも神經を尖(トガ)らせない譯に行かない。サイパンを朝出た飛行機が、晩には、この便りを横濱に運(はこ)んで行く。それを考へると、何か、たのしいが、しかし、手紙ではなく、僕自身が飛んで行けるのは、何時になることやら。月を見て故國をしのぶ氣持も、近頃はやうやく解つて來たよ。

 

 今、この島に咲いてゐる花。――佛桑華(ブツソウゲ)(ヒビスカス)・カンナ・日々草・鳳仙(ホウセン)花・百日革・素馨(ソケイ)(ジャスミン)・芙蓉(フヨウ)。千日坊主(何時かお前が新池から持つて來た、白や桃色の玉の咲く草)矢車天人菊(本郷町の家にあつたらう? 何年も續(つづ)いて、一本か、二三本づつ咲いてゐた茶色のやうな黄色のやうな花)。猩々(シヨウジヨウ)草。その他、名の分らない花が大分あるが、その中のいくつかの花びらを同封しておく。色が變るか、どうか分らないが。キヨウチクトウも咲いてゐる。

 本郷町の家では、今時分は、庭のべコニヤなんかを鉢に移して、家の中に取入れるので、いそがしかつたね。資(すけ)さんの家では、今年はベコニヤは全滅だらうなあ。可哀さうに。秋海棠(シユウカイドウ)なら、又、來年出るが、ベコさんは、どうかな。二三年前に作つたベコニヤはとても大きかつたつけね。

 花を見る度に、あの小さな庭のことを考へないことはない。冬の寒さはイヤだつたが、あの書(シヨ)サイの冬の花達は可愛かつたな。クロッカスやパンジイやボケや色んな種類の櫻草が、硝子(ガラス)越の日だまりに咲いてゐた有樣を思出すよ。

 こちらは年中ヒビスカスの眞赤な花が眼をさすやうだ。あれを見ると、暑くるしくなるよ。アナトール・フランス全集(英語の)の朱色(しゆ)の背(セ)に、陽(ヒ)のあたつてゐたのなんかもなつかしいな。精神的にも、もうオレはアナトール・フランスからまるで遠く離(ハナ)れて了つた。妙な人間になりはてたよ。釘本からも手紙が來て、何か、書くやうに言つて來たが、こちらは書くどころの騷ぎぢやない。サイパンへ來て、多少涼しい風が吹くので、少し本でも讀んで見たい氣が起つた位のところだ。原稿を書くなんて、何處か、よその世界の話のやうな氣がする。さういふ意味の返事を釘本に出してやつたよ。それでもね、パラオにはないが、サイパンには、岩波文庫を(ほんの少しだけど)竝べてゐる店が一軒あるんだよ。それだけでも、いささか賴もしい氣がしたよ。寒い間、子供達の身體に氣をつけてやつておくれ。お前自身の身體は勿論のこと。無理して働き過ぎるなよ。

   *

高圧的な皇民化教育の現状に顔を歪めんてうんざりしている敦、自身に課された国語教科書編纂任務への深い失望感が滲む。しかも、恐らくは彼の南洋勤務という立場上得られた、軍関係からの情報によって、六日後に迫った「トラ! トラ! トラ!」を、具体な内容は別として、明らかに知っているらしい叙述であることが頗る興味深い。

「岩波文庫の『サミエル・ジョンスン傳』(上)〔ポズウェル著神吉三郎譯〕」〔 〕は書簡では珍しい割注ポイント落ち。サミュエル・ジョンソン(Samuel Johnson 一七〇九年~一七八四年)はイングランドの文学者。「英語辞典」(一七五五年)の編集で知られ、十八世紀英国に於いて「文壇の大御所」と呼ばれた。その有名な警句から、しばしば「典型的なイギリス人」と呼ばれる。主著は他に「詩人列伝」「シェイクスピア全集」(校訂・注釈)など(ウィキサミュエル・ジョンソンに拠る)。岩波文庫の神吉三郎訳「サミュエル・ヂョンスン傳」は全三巻で、その上巻はこの昭和一六(一九四一)年六月二十八日に既に発行されている。但し、敦は遂にこの続きを神吉の訳で読むことはなかった。何故なら中巻は戦後の昭和二一(一九四六)年、下巻は昭和二三(一九四八)年に発行されているからである。因みにこの下巻はネット上の情報では古書として極めて稀少であるらしい。

「矢車天人菊」キク亜綱キク目キク科キク亜科テンニンギク属ヤグルマテンニンギク Gaillardia pulchella var. lorenziana。北アメリカ原産地のテンニンギクの改良品種で、先端が開いた筒状の花びらをつける。なお、調べるうちに、この元の花テンニンギクが喜界ヶ島に於いて「特攻花」と呼ばれいる事実を知った。以下に引用して彼等の冥福を祈りたい。『太平洋戦争末期、九州と沖縄の中間に位置する喜界島は九州(鹿児島知覧)から出撃する特攻機の中継地点があった。自らの命を犠牲にして沖縄戦に向かう若い特攻隊員が、最期に飛び立った場所が喜界島だった』。『夜明け前に特攻出撃する若い隊員たちに、地元の娘たちは野の花を贈っていた。隊員たちは「花も一緒に散っていくのは忍びない・・」との思いからか、空から花を落とし別れを惜しむように沖縄に向かった。そして、何かを願うように滑走路にそっと花を置き、静かに沖縄に向け飛び立っていった。 その花の種が風に舞い、60年を経った今も、毎年飛行場跡に咲き続けている。 島の人たちはこの天人菊(テンニンギク)をいつしか「特攻花」と呼ぶようになり、平和を願う花として今でも大切にしている』(奄美群島情報サイト「奄美人」(あまみんちゅ)の仲田千穂さんの特攻花」より引用)。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 一 細胞(2) 細胞間質 | トップページ | 犬と散歩しながら »