フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 短歌一首 亞米利加國ナイヤガラ瀑布ノ景  | トップページ | 中島敦 南洋日記 十二月二十四日 »

2014/02/14

ブログ・カテゴリ「山之口貘」創始 / 「思辨の苑」 襤褸は寢てゐる

ブログ・カテゴリ「山之口貘」を創始する。

 

山之口貘(やまのくちばく 明治三六(一九〇三)年~昭和三八(一九六三)年)は沖繩県那覇区(現在の那覇市)東町大門前出身の詩人。

 

私は十八の時に彼の詩に巡り合って以来、高校国語教師時代も一貫して、「鮪に鰯」の原水爆のアイロニィや「弾を浴びた島」で彼が痛感した沖繩への思いを詩を通して紹介朗読してきた。

 

まずは全詩集の電子化を目指す。底本は一九七五年思潮社版「山之口貘全集 第一巻 全詩集」を用いるが、私のポリシーに則り、戦前の二詩集「思辨の苑」及び「山之口貘詩集」については恣意的に正字化して示す(底本は新字化した旨の注記がある。私は両詩集の原本は所持しないので「恣意的に」と述べた。私の特に俳句に於ける正字化の私の確信犯的ポリシーについては私の「やぶちゃん版鈴木しづ子句集」の冒頭注に私の拘りの考え方を示してある。疑義のある方は必ずお読み頂きたい)。私の中にあるバクさんへの思いからタイピングで電子化する。誤植と思われるものがあった場合は、御指摘下さると幸いである。一部に私の注を附す。なお、私は「縄」という新字体が生理的に嫌いなので私自身の叙述では一貫して「繩」を用いるのでご注意あれ。また、私は沖繩方言に限らず、方言を外来語のようにカタカナ書きするのを生理的に激しく嫌悪する人間である。従って私の記述では概ね平仮名書きとなっていることも最初に申し上げておく。藪野直史【2014年2月14日 我が57歳の誕生日の前日に】

【2014年5月30日追記新たに思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」との対比検証を開始した。但し、当該新全集第一巻は詩集「思辨の苑」については初版を底本とせず、著者が決定稿と見做していた「定本 山之口貘詩集」を底本としていることから、本文校訂の校合対象とはせずに注記に留めてある。その異同の内、繰り返し記号「ゝ」「ゞ」の正字化が「定本 山之口貘詩集」では多くなされているが、これは詩内容の改稿とは私は考えないので、その異同注記については総て省略している。なお、注で「思辨の苑」「山之口貘詩集」所収の詩で「定本 山之口貘詩集」で有意な改変がある場合は全詩を再掲するが、そこでもやはり恣意的に正字化しているので注意されたい。この対比検証は随時、行ってゆく。既に旧全集第一巻所収の詩は総てこのブログの「山之口貘」でその電子化を終っているが、注がなかったり、対比検証による追加を示した注追記がないものはこの新たに開始した対比検証が終わっていないことを意味するので、注意されたい。

 

思辨の苑

 

[やぶちゃん注:山之口貘の処女詩集である「思辨の苑」初版本は昭和一三(一九三八)年八月一日巌松堂「むらさき」出版部から出版された。詩集冒頭には「序文」という総標題のもとに連続した佐藤春夫(クレジットは一九三三年十二月二十八日夜)と金子光晴(クレジットは一九三五年七月)の序文があるが、孰れも著作権が存続しているため、省略する。]

 

 

 襤褸は寢てゐる

 

野良犬・野良猫・古下駄どもの

入れかはり立ちかはる

夜の底

まひるの空から舞ひ降りて

襤褸は寢てゐる

夜の底

見れば見るほどひろがるやう ひらたくなつて地球を抱いてゐる

襤褸は寢てゐる

鼾が光る

うるさい光

眩しい鼾

やがてそこいらぢゆうに眼がひらく

小石・紙屑・吸殼たち・神や佛の紳士も起きあがる

襤褸は寢てゐる夜の底

空にはいつぱい浮世の花

大きな米粒ばかりの白い花。

 

[やぶちゃん注:初出は昭和一五(一九四〇)年八月の『蝋人形』第十一巻第六号(但し、松下博文氏の「稿本・山之口貘書誌(詩/短歌)」(PDFファイル)によると、この雑誌の発行は七月一日とある(以下、注に示した初出データはこれに拠った。以降はこの注を略す)。七月一日発行とある。発行所は東京市淀橋区柏木の「蝋人形社」)で、戦後、昭和三二(一九五七)年九月十五日附『琉球新報』にも再掲されている。

 底本の「詩集校異」冒頭には、昭和三三(一九五八)年七月原書房刊の「定本山之口貘詩集」は十二篇の新作に本詩集「思弁の苑」を再録した昭和一四(一九四〇)年刊「山之口貘詩集」の再版であるが、著者自身によって誤字誤植の訂正、句読点と繰り返し符号の除去及び若干の行替えと表記の訂正が施されているとあり、その主なものが校異リストとして示されてある(それらは新字体を採用しているものと思われるが、ここでは敢えて正字化して示した。以後は単に校異のみ示し、以上の詳細解説は略す)この詩の場合、七行目が、

見れば見るほどひろがるやう ひらたくなつて 地球を抱いてゐる

と改稿されている。]

【2014年5月30日注全面改稿】

[やぶちゃん注:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」の松下博文氏の解題によると(以下、注に示した初出データはこれに拠った。以降はこれを略す)、初出誌はない模様である。詩集刊行後は昭和一五(一九四〇)年三月十八日刊の萩原朔太郎編「昭和詩鈔」(冨山房)に同じく本詩集の「鼻のある結論」「來意」と合わせて三篇が収録され、その後の昭和一五(一九四〇)年七月一日発行の『蝋人形』第十一巻第六号(同雑誌の発行所は東京市淀橋区柏木の「蠟人形社」)に『思辨の苑より』として採録、戦後の昭和三二(一九五七)年九月十五日附『琉球新報』にも再掲されている。「昭和詩鈔」は萩原朔太郎が編集した唯一のアンソロジーで、筑摩書房版萩原朔太郎全集(昭和五四(一九七九)年刊)の年譜によれば、前年の昭和一四(一九三九)年『九月ころから編集に着手、四十七詩人の作品一八〇篇を收錄。編集に際して、朔太郎は收錄詩人あてに自筆書簡を出して作品を集め、卷首の「序言」および卷末の評論に少なからぬ努力をした』とある。

 底本の「詩集校異」冒頭には、昭和三三(一九五八)年七月原書房刊の「定本山之口貘詩集」は十二篇の新作に本詩集「思辨の苑」を再録した昭和一四(一九四〇)年刊「山之口貘詩集」の再版であるが、著者自身によって誤字誤植の訂正、句読点と繰り返し符号の除去及び若干の行替えと表記の訂正が施されているとあり、その主なものが校異リストとして示されてある(それらは新字体を採用しているものと思われるが、ここでは敢えて正字化して示した。以後は単に校異のみ示し、以上の詳細解説は略す)この詩の場合、七行目が、

 

見れば見るほどひろがるやう ひらたくなつて 地球を抱いてゐる

 

と改稿されている(字空きは表記通り、半角)。

 但し、新全集(後の「定本 山之口貘詩集」を底本としている)ではこの部分が、

 

見れば見るほどひろがるやうひらたくなつて地球を抱いてゐる

 

となっており、また最終行は、

 

大きな米粒ばかりの白い花

 

で、句点が除去されている。気になるのは、この新全集の七行目が寧ろ、非常に読み難くなっていると言える点である。]


« 萩原朔太郎 短歌一首 亞米利加國ナイヤガラ瀑布ノ景  | トップページ | 中島敦 南洋日記 十二月二十四日 »