フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 鐙摺古城 | トップページ | 北條九代記 株瀨川軍 付 關東勢手賦 承久の乱【二十】――株瀬川の戦い後の幕府軍配備の一件 »

2014/02/24

生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 四 精蟲 (1)レーウェンフックによる発見

     四 精蟲

Hitonoseisi
[人間の精蟲]

  卵には大きなものや小さなものがあるが、最も小さな卵でも細胞としては餘程大きい。人間の卵などは卵の中では隨分小さな方であるが、それでも肉眼で見えるから、普通の細胞が皆顯微鏡的であるのに比べると、なほ頗る大きいといはねばならぬ。されば最も小さな卵の外は昔から誰でもよく知つて居たが、その相手となるべき精蟲の方は、細胞の中でも特に小さく、且形狀も普通の細胞とは著しく違ふから、その發見せられ了解せられたのも、卵に比べて遙に新しいことである。抑々精蟲の初めて見付けられたのは、今から二百何十年か前のことで、恰もオランダ國で顯微鏡が發明せられて間もない頃とて、何でも手當たり次第に覗いて見て居る中、或る時一人の若い學生が、屠處から新しい羊の睾丸を貰うて來て、その汁を擴大して見た所が、單に濁った粘液の如くに思うて居た物の中に、小さな粒が無數に活潑に游いで居るので、大に驚いて早速師匠のレウエンフークといふ人に知らせた。この人は、水中の微生物などを顯微鏡で調べ、悉く寫生して大部な書物を著したその頃の顯微鏡學の大家であつたが、かやうなものは初めて見ること故、素よりその眞の素性を知る筈はなく、たゞ運動が活潑で、如何にも生きた動物らしく見える所から推して、これを寄生蟲と鑑定し、精液の中に棲んで居るから、「精蟲」といふ名を附けた。即ち精蟲の實物を見ることは見たが、これを「さなだむし」や「ヂストマ」などの如き偶然の寄生蟲と見做し、これが卵と相合して新な一個體を造るべき、生殖上最も重要な細胞であらうとは夢にも心附かなかつたのである。

[やぶちゃん注:「レウエンフーク」アントニ・ファン・レーウェンフック(Antonie van Leeuwenhoek 一六三二年~一七二三年)。オランダの顕微鏡学者。生れ故郷デルフトで織物商を営み、後には市の下級役人として勤めた一方、独特の構造をもった単レンズ顕微鏡を製作、原生動物・細菌・淡水性藻類等の微生物(一六七四年)及び魚類の赤血球の核(一六八二年)や横紋筋の微細構造(一六八三年)等の多数の新発見の含まれる手紙を五十年に亙ってロンドン王立協会等に書き送り続けた。中でもヒトの精子の発見(一六七七年)は精原説に物的根拠を与えた他、水中を泳ぎ廻る夥しい数の微生物の存在は当時の人々に大きな衝撃を与え、ピョートル大帝・ジェームズ二世などオランダ内外の著名人が顕微鏡を覗きにデルフトに集まったという(以上は主に平凡社「世界大百科事典」に拠る)。レーウェンフックの名は、小学校三年生の時にポール・ド・クライフの「微生物を追う人々」(成人向けの「微生物の狩人」の小学生版)を貪るように読んだ時以来、私の中の永遠の偉人の名であり続けている。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 鐙摺古城 | トップページ | 北條九代記 株瀨川軍 付 關東勢手賦 承久の乱【二十】――株瀬川の戦い後の幕府軍配備の一件 »