フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 昭和六(一九三一)年十月 | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月三日 »

2014/02/21

萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(2)

紅棹に山吹流す小歌舟

君が醉歌に眠る春の川

 

小雨黄に垣木蓮に低うして

忍ぶに人の口疾(くちど)なる夜や

 

[やぶちゃん注:「垣木蓮」は原本では「桓木蓮」。少し迷ったが全集校訂本文を採った。「口疾」は形容詞ク活用の「口疾(くちと)し」で、返事や返歌の受け答えがす早いこと、または、もの言うさまが軽率だという謂いである。後者の意であろう。]

 

いさゝかは我と興ぜし歌も見き

いま寂寞にたえぬ野の路

 

[やぶちゃん注:「たえぬ」はママ。萩原朔太郎満十六歳の時の、『文庫』第二十三巻第六号(明治三六(一九〇三)年八月発行)に「上毛 萩原美棹」名義で掲載された七首の第四首、

 いささかは我れと興ぜし花も見き今寂寞にたえぬ野の道

と分かち書きを除けば相同歌。]

 

     何とてかの人の臆病なる

よれば戸に夢たゆたげの香ひあり

泣きたる人の宵にありきや

 

[やぶちゃん注:同じく『文庫』第二十三巻第六号(明治三六(一九〇三)年八月発行)に「上毛 萩原美棹」名義で掲載された七首の第二首、

 よれば戸に夢たゆげたげの香ひあり泣きたる人の宵にありきや

と分かち書きを除けば相同歌。]

 

      旅にいづる日

母や指をあしたかむなの百合の薰り

今宵枕の月にえたえぬ

 

[やぶちゃん注:「たえぬ」はママ。上句は、母が旅に出るその日に、「お前の癖の、朝の寝起きに指を嚙むのはいけないよ」と言ってくれた、その百合のような母の薫り、若しくはそれが現にある旅宿の百合の実際の薫りに導かれたという表現だろうか。識者の御教授を乞うものである。]

 

艷の名をたれや負はせし桃緋桃

ゆうべこの子に情もたぬ雨

 

[やぶちゃん注:「ゆうべ」はママ。「桃緋桃」は原本では「桃※桃」(「※」=「糸」+「兆」)。校訂本文を採った。]

 

雨細う情に春ゆく伏見途

京へ三里の傘おもからぬ

 

罪許せ臙脂(ゑんじ)梅花の緣(ゑにし)ふかき

別れなればの一夜の枕

 

[やぶちゃん注:読みの「ゑんじ」「ゑにし」はママ。]

« 篠原鳳作句集 昭和六(一九三一)年十月 | トップページ | 中島敦 南洋日記 一月三日 »