フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 十二月二十六日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 15 明治十一年の日本製の皮靴は踵に難点あり! »

2014/02/16

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 14 草刈鎌 / 迷路のような街 / 買った鉢植えの草花

M313

 

 


図―313

 

 

 

 図313は、まっすぐな柄の鎌で草を刈っている男を示す。鎌はすべてこの種類である。

 

M314

 

 


図―314

 

 今日私は、先日菓子をくれたある人を見つけようと努めた。私は、彼の住所を明瞭に書いたものを、持っていたのであるが、而もこの図(図314)は、私が連れて行った日本人が、この場所をさがす為にとった、まがりくねった経路を示している。名前のついている町は僅かで、名前は四角な地域全部につけられ、その地域の中を、また若干の町が通っていることもあるのだということを、私は再び聞いた。それで我々は、目的地を見つける迄に、あっちへ行ったり、こつちへ行ったり、くるくる廻ったりしたのである。

 

[やぶちゃん注:モースはこれと似たようなこと(不満)を「第四章 再び東京へ 9 町の名」でも記している。]

 

 

 

 今日鉢に植えた植物を売る男が前庭へ入って来た。我々は植物を、鉢も何もひっくるめて十四買い、一本について一セントずつ払った。その中の二つは真盛りの奇麗な石竹、二つは馬鞭草(くまつづら)で、その他美しいゼラニウム若干等であった。

 

[やぶちゃん注:「石竹」原文“pinks”。ナデシコ目ナデシコ科ナデシコ属セキチク Dianthus chinensis。英語の“pink”はカーネーションなどを含むナデシコ属の総称で、セキチクは普通、英語では“China pink”と呼称する。ウィキの「セキチク」によれば、中国原産であるが日本では平安時代には既に栽培されており、その後、草丈と花の大きさにより区別される三寸石竹、五寸石竹などの品種が育成されてきたとある。ヨーロッパでは一七一六年には栽培されており、一八六〇年代には日本から導入された「常夏(とこなつ)」を中心に品種改良が行なわれ、その後も世界各地で多くの品種が育成され現在ではアメリカナデシコなどとの交配品種が栽培の主体となっているとし、起源が不明ながら日本で育成されたと思われる品種として、

 

トコナツ(常夏)
Dianthus chinensis L. var. semperflorens Makino

 

イセナデシコ
Dianthus × isensis Hirahata et Kitam.

 

の二品種が挙げられてある。

 

「馬鞭草(くまつづら)」原文は“verbenas”。シソ目クマツヅラ科クマツヅラ Verbena officinalis は本州・四国・九州・西南諸島に分布する多年生草本で、高さ30~80センチメートルで路傍・荒地・原野などに生育する。横に走る太い地下茎を持ち、種子以外にこの地下茎を用いても繁殖が可能であるらしい。茎の断面は四角形で上部で枝を分け、羽状に三~五裂する葉を対生する。花期は六~九月で茎の上部に穂状花序を出し、淡紅紫色の花を多数咲かせる。漢名である「馬鞭草」(ばべんそう:属名“Verbena”(バーベナ)はそれに由来するか)は長く伸びた花穂を鞭に見たてことに由来する。古くは、腫れ物などの薬に用いられた(以上は岡山理科大学生物地球学部生物地球学科植物生態研究室(波田研)サイト内の「植物雑学辞典」のクマツヅラの森定伸氏の解説に拠った)。ただ、個人サイト「野の花散歩」の「クマツヅラ」によれば、『クマツヅラの名は900年代に書かれた「和名抄」に登場』するものの、その和名の由来は良く分かっていないとあり、『一説には花の後、米粒状の実が穂状に付くので「米ツヅラ」がなまってクマツヅラになったとされる』とあった。]

« 中島敦 南洋日記 十二月二十六日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 15 明治十一年の日本製の皮靴は踵に難点あり! »