フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(1) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 19 晩餐二景 »

2014/02/20

中島敦 南洋日記 一月二日

        一月二日(金)

 午後より、中島幹夫、材料を仕入れ來り、土方氏方にて、鍋三杯のしるこを作り、腹一杯喰ふ。うまし。餅も充分あり、砂糖は三百匁使ふ。

[やぶちゃん注:「中島幹夫」二十四日の注で示した岡谷公二氏の「南海漂蕩 ミクロネシアに魅せられた土方久功・杉浦佐助・中島敦」に、南洋群島での文化活動を行っていた南洋庁の外郭団体「南洋群島文化協会」で月刊誌『南洋群島』の編集長で、土方久功と親しく交わった人物である旨の記載がある(但し、敦はここコロールに来て土方を通じて初めて逢ったらしい)。彼の姓名はここ一ヶ所にしか現れないが、岡谷氏はフル・ネームの記載で「氏」を附していない点に着目し、敦より『年下で、かなり気安くつきあっていたふしがある。しかし敦は滞在わずか八ヶ月で帰国し、その年に早逝してしまうし、島に残った幹夫のほうも、昭和十八年、アメリカ軍の爆撃によって死亡したため、二人の間柄がどのようなものであったかは、今となってはわからない』と記しておられる。

「三百匁」一キロ二百五十グラム。]

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「若きウエルテルの煩ひ」(1) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 19 晩餐二景 »