フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作句集 昭和五(一九三〇)年十一月 | トップページ | 「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 14 「ショーリン」という絵師のこと」に追記 「ショーリン」とは小林清親か? »

2014/02/10

萩原朔太郎 酒場の窓 短歌十首 大正二(一九一三)年十月

   酒塲(さけば)の窓(まど)
 
        夢みるひと
 
つばくらめ酒塲(さけば)の軒(のき)をちらちらくゞれる時(とき)に我(われ)も入(い)り來(く)る
 
塲末(ばすへ)なる酒場(さけば)の窓(まど)に身(み)をよせて悲(かな)しき秋(あき)の夕雲(ゆうぐも)を見(み)る
 
薄給(はつきふ)の車掌(しやせう)も我(われ)と盃(さかづき)をさして語(かた)れば悲(かな)しまれけり
 
放埒(はうらつ)の惡所通(あくしよがよ)ひを悲(かな)しめどわが寂(さび)しみは行(ゆ)くところなし
 
COGNAC(コニヤク)の醉(ゑひ)にあらねど故郷(ふるさと)の酒塲(さけば)の月(つき)も忘(わす)れがたかり
 
あせし志村(しむら)一座(ざ)の幟(のぼり)などはためく頃(ころ)を酒店(さかみせ)に入(い)る
 
かくばかり我(わ)が放埒(ほうらつ)のやるせなき心(こゝろ)きかんと言(い)ふは誰(た)が子(こ)ぞ
 
    (以下公園にて)
 
晩秋(おそあき)の我(わ)が故郷(ふるさと)の公園(こうゑん)を悲(かな)しく今日(けふ)も歩(あゆ)むなりけり
 
グラウンドの芝生(しばふ)の上(うへ)に乘(の)り捨(す)てし自轉車(じてんしや)の柄(え)の光(ひか)る夕(ゆう)ぐれ
 
公園(こうゑん)の碑石(いし)に手(て)を觸(ふ)れ哀(かな)しめる心(こゝろ)つめたく泣(な)き出(いだ)したり
 
        (故郷前橋にて) 
 
[やぶちゃん注:大正二(一九一三)年十月二十八日附『上毛新聞』に標記通り、「夢みるひと」名義で掲載された八首連作。朔太郎満二十六歳。
 「酒場」「酒塲」の標記違い及び「さけば」の読みはママ。
 二首目のルビ「ばすへ」及び「ゆうぐも」はママ(正しくは「ばすゑ」「ゆふぐも」)。
 三首目のルビ「しやせう」はママ(正しくは「しやしやう」)。
 六首目の「志村一座」は旅回りの芝居一座と思われるが不詳。
 七首目のルビ「はうらつ」は底本では「ほうらつ」であるが先行首に正しいルビがあるので誤植と断じて訂した。
 八首目以降三首の「公園」とは朔太郎の愛した「郷土望景詩」に出る前橋公園、現在の群馬県前橋市大手町にある遊園地前橋市中央児童遊園(愛称は「前橋るなぱあく」)であろう。
 九首目の「夕(ゆう)ぐれ」のルビはママ。]

« 篠原鳳作句集 昭和五(一九三〇)年十一月 | トップページ | 「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 14 「ショーリン」という絵師のこと」に追記 「ショーリン」とは小林清親か? »