フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 新発見のバクさんの児童詩  キカンシャ   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和七(一九三二)年三月 »

2014/02/26

マンネリズムの原因   山之口貘

 マンネリズムの原因

 

子の親らが

産むならちやんと産むつもりで

産むぞ、といふやうに一言の意志を傳へる仕掛の機械

親の子らが

生れるのが嫌なら

嫌です、といふやうに一言の意見を傳へる仕掛の機械

そんな機械が地球の上には缺けてゐる

うちみたところ

飛行機やマルキシズムの配置のあるあたりたしかに華やかではあるんだが

人類くさい文化なのである

遠慮のないところ

交接が、親子の間にものを言はせる仕掛になつてはゐないんだから

地球の上ではマンネリズムがもんどりうつてゐる

それみろ

生れるんだから生きたり

生きるんだから産んだり



[やぶちゃん注:【2014年6月16日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」との対比検証により、注を附した】初出は昭和九(一九三四)年九月号『日本歌人』(発行は大阪天王寺の日本歌人発行所。これは同年六月に奈良在住の歌人前川佐美雄が創刊した歌誌で、後に塚本邦雄ら前衛歌人を輩出した)。思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」解題によると、掲載された当該号の総タイトルは『人類』であるとする。

 初めの部分でインスパイアされている芥川龍之介の「河童」は、本詩発表に先立つ五年前、龍之介が自死する四か月前の昭和二(一九二七)年三月発行の『改造』に発表されている。

 「定本 山之口貘詩集」では三箇所ある読点が総て除去されて字空きとなり、さらに後ろから四行目の、


地球の上ではマンネリズムがもんどりうつてゐる



地球の上がマンネリズムである


と大きく改稿されている(この異同は旧全集の校異一覧には漏れており、新全集との対比検証で初めて明らかとなったものである)。コーダの「それみろ/生れるんだから生きたり/生きるんだから産んだり」の畳み掛けによる連用中止で裁ち切るという大胆な手法のリズム感からいうと、私は初出の「地球の上ではマンネリズムがもんどりうつてゐる」という執拗な膨張感の方が遙かによいと感じている。]

« 新発見のバクさんの児童詩  キカンシャ   山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和七(一九三二)年三月 »