フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 淨土にていふ七夕の事【漢土にていふ七夕の事】 | トップページ | 日曜日   山之口貘 »

2014/02/28

會話   山之口貘

 會話

 

お國は? と女が言つた

さて、僕の國はどこなんだか、とにかく僕は煙草に火をつけるんだが、刺靑と蛇皮線などの聯想を染めて、圖案のやうな風俗をしてゐるあの僕の國か!

ずつとむかふ

 

ずつとむかふとは? と女が言つた

それはずつとむかふ、日本列島の南端の一寸手前なんだが、頭上に豚をのせる女がゐるとか素足で歩くとかいふやうな、憂欝な方角を習慣してゐるあの僕の國か!

南方

 

南方とは? と女が言つた

南方は南方、濃藍の海に住んでゐるあの常夏の地帶、龍舌蘭と梯梧と阿旦とパパイヤなどの植物達が、白い季節を被つて寄り添ふてゐるんだが、あれは日本人ではないとか日本語は通じるかなどゝ談し合ひながら、世間との既成概念達が寄留するあの僕の國か!

亞熱帶

 

アネツタイ! と女は言つた

亞熱帶なんだが、僕の女よ、目の前に見える亞熱帶が見えないのか! この僕のやうに、日本語の通じる日本人たちが、即ち亞熱帶に生れた僕らなんだと僕はおもふんだが、酋長だの土人だの唐手だの泡盛だのゝ同義語でも眺めるかのやうに、世間の偏見達が眺めるあの僕の國か!

赤道直下のあの近所


[やぶちゃん注:【2014年6月17日追記:思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」と対比検証した際、ミス・タイプを発見、本文を訂正、さらに注を全面改稿した。】初出は昭和一〇(一九三五)年十一月号『文藝』で、戦後の昭和二二(一九四七)年十二月発行の『青年沖縄』、昭和三二(一九五七)年十月十三日附『琉球新報』他に再掲されている。

 原書房刊「定本 山之口貘詩集」では読点が総て除去され、字空きとなっており、三・五・六行目の「ずつとむかふ」の表記が、

ずつとむかう

という表記に改められてある。但し、これは訂正とは言い難い。距離を隔てたあちらの方の意の名詞「むかふ」(「向かふ」)の表記はこれで歴史的仮名遣として正しいからである(言わずもがな乍ら、現代仮名遣では「むかふ」は「むこう」である)。但し、それではバクさんの改変は誤っているかというと実は誤りとも言えない。何故なら、名詞「むかふ」は動詞「向(むか)ふ」の終止形・連体形が名詞化したものとして歴史的仮名遣を「むかふ」とするのがかく一般的なのだが、一方ではその連用形である「むかひ(むかい)」のウ音便形と考えて「むかう」と表記するのが寧ろ正しいとする学説もあるからである。

 また第二連の二行目の「憂欝」が「憂鬱」に改められてあり、さらに、第三連の二行が、

南方は南方 濃藍の海に住んでゐるあの常夏の地帶 龍舌蘭と梯梧と阿旦とパパイヤなどの植物達が 白い季節を被つて寄り添ふてゐるんだが あれは日本人ではないとか 日本語は通じるかなどと談し合ひながら 世間との既成概念達が寄留するあの僕の國か!

と「あれは日本人ではないとか」と「日本語は通じるかなどと談し合ひながら」の間に字空きが施されてある。]

« 耳嚢 巻之八 淨土にていふ七夕の事【漢土にていふ七夕の事】 | トップページ | 日曜日   山之口貘 »